| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『嫉妬するか。所有するか。』 日産 フェアレディZ34 バージョン ニスモ(fairlady Z Ver,NISMO) [6MT]part,2



ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。



さて、本日は愛車のZ34 Ver,nismoでございます。


Nissan Fairlady Z Ver,nismo 2013年式
Z34 Ver,nismo 2016


2013年に新車で購入したZも、今年で3年目を迎え車検を受けるか・・・

はたまた乗り換えるかで悩んでおりました。

乗り換える候補としては、Audi R8・・・


現在、Zだけを維持しているのであれば、

R8への移行も何とか可能な範囲ではございますが、

この他に、社用車を4台を所有・管理をしておりますので、

維持費だけで悲惨なことになってしまいますよねToT



検討した結果・・・

Zをこよなく愛するゆきちゃんの希望もあり、この度車検を受ける運びとなりました☆

そして、何より、私自身が、「フェアレディZのオンリーワン」なところが大変気に入っております。

ただし、日産の対応は非常に悪いです(*`へ´*)


Z34 メーター
Z34 メーター 2016


現在、走行距離は16,000kmでございます。(最近、忙しさに感けてほったらかしでございました。)

車検の引き取り時には、動かしてないのでバッテリーがあがっておりました^^;

何とか・・・時間を作って楽しみたいと考えております。


Z34 Ver,nismo コックピット
Z34 Ver,nismo コックピット


一方、代表就任前から色んな方に、

「もう少し、社長らしい車格のある車に乗った方がいいんじゃないですか. (;^_^A」

と言うご指摘も頂戴いたしましたが、私は私らしく♪


人生まだまだ「夢の途中」・・・

40才代の前半にはR8オーナーになることを目的としてがんばります♪



      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~京都市 中京区にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com





スポンサーサイト

| | 09:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『嫉妬するか。所有するか。』 日産 フェアレディZ34 バージョン ニスモ(fairlady Z Ver,NISMO) [6MT]




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。


本日は、2013年2月に購入した、四代目&ゆきちゃんのプライベート専用機、

NISSAN フェアレディZ 34 Ver,NISMO [6MT] 【新車】について、ご紹介させていただきます。



前回、エコカーブームに乗って購入してしまった、

『Hondaのシビックハイブリッド(CIVIC HYBRID)DAA-FD3』。

その、あまりにも非力すぎる1300ccに対し、ストレスと、フラストレーションが重なり、

その反動で、どうしてもスポーツカーに乗りたくなりました。


そこで、選択しましたのが、「NISSAN フェアレディZ 34 Ver,NISMO 」でございます。


ブリリアントホワイトパール〈#QAB・スクラッチシールド〉(特別塗装色)
fairlady z version nismo


実は、スポーツカーを検討しはじめた当初、

四代目の希望は、日産が誇るスーパースポーツカー「GT-R(R34)しかも中古」、


しかし、ゆきちゃんは、中古の車には、孟反対o(*≧0≦)o″ダメ~!!

『今まで中古車に乗った事ないんだから、今更怖いし辞めようよヾ(`◇´)ムリ!』


チャレンジ精神に欠ける(笑)ゆきちゃんは、やはり新車以外考えられないようで(*>ω<)

「スカイライン クーペ(SKYLINE COUPE)」

若しくは「フェアレディZ ロードスター」を希望しておりました(汗)


そして話し合いの結果、ゆきちゃんが折れて、一旦「GT-R」に決定しました。



心躍らせながら、実物(GT-R R34)を見に行った際、

その横に並んでいたのが「フェアレディZ Ver,Nismo」でございました。

それが、このクルマとの出会いのきっかけでございます。


フェアレディZ 34 バージョンニスモ Ver,NISMO Rear
fairlady z version nismo


「フェアレディZ」と言えば、湾岸ミッドナイトの「悪魔のZ」。


フェアレディZ エンブレム※NissanHPより引用
z_02.jpg


(古いですね・・・笑)


実は、あまり良いイメージはございませんでした。

名前と形ぐらいは知っているものの、「軟派な車・ミーハーな車」

という固定概念の元、全く視野にも入れていなかった車で、興味はございませんでした。


フェアレディZ 34 バージョンニスモ Ver,NISMO Side
fairlady z version nismo


ところが、Z(Ver,nisum)に出会った瞬間、その流れるような美しいラインと

官能的なエンジン音に、思わず2人とも一目惚れしてしまいました。

エンジン始動音は、地の底から響くような重低音。

プラモデルのスーパーカーのようなフォルム・・・

「これって、リアルでアニメな世界♪(๑˃̵ᴗ˂̵)و」


男のワクワク感を掻き立てます(笑) ※NissanHPより引用 
z_20150701215019bde.jpg
z_02_20150701215428e95.jpg


「3700ccで6MTなんて、30歳代前半しか・・・

今のうちしか乗れないかな・・・?」

それに、なんと言っても「Ver,NISMO」は台数が少ないし、人とかぶりにくい・・・

「やはり、無理してまで中古車を買わず、

今まで通り新車をキャッシュで無理なく買える範囲。自分の身の丈に合ったクルマにしよう!」

と言う四代目の決定的な購買動機と、

ゆきちゃんの「中古のクルマはムリ&新車でZ」と言う希望もあり、

晴れて新車(フェアレディZ34 バージョン ニスモ)に決定致しました。


プレミアムディープマルーン※NissanHPより引用
708_dl0000481826.jpg
本当は「プレミアム ディープマルーン」が欲しかったのですが、


バージョン ニスモには適用なし・・・


「ブリリアント ホワイトパール」※特別塗装色 ※NissanHPより引用
フェアレディZ 34 バージョンニスモ


結局、四代目が選んだのが「ブリリアント ホワイトパール」でございます。


2013年2月19 生まれたてのZ(笑)
Z.jpg


元々車高が低いフェアレディZ、

丸くて白いその姿から、ゆきちゃんが、「潰れうさぎ」・・・

「潰れ餅」と命名致しました Σ( ̄ロ ̄lll) ガーン



さて(;^ω^)

気を取り直し、この「フェアレディZ」の名前の由来について、

少しお話しさせていただきますね☆


フェアレディZ 34 バージョンニスモ Ver,NISMO Diagonally behind
fairlady z version nismo


皆さんもご存知の通り、ミュージカルやヘップバーンの映画

「マイ・フェア・レディ」からだと言う諸説もございますが、

日産によると、「貴婦人のよう な気品と、美しさを備えたクルマ」

と言うニュアンスだそうでございますよ。

「名前の由来もエレガントで美しい♪」

それも、こちらをを選んだ理由の一つでもございます。

「FAIRLADY Z」のキャッチコピーは、


『嫉妬するか。所有するか。』


壁紙2


(≧ヘ≦ )・・・これはもう絶対、所有するしかございません!!!(笑)


ただ、これもNISSANの戦略だと言うこと位はわかっておりますが・・・┐('~`;)┌


まんまと乗せられてしまったおかげで、良いオモチャができました☆(^-^;)


~This story is to be continued.~



140周年

      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~京都府 宇治市にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| | 11:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

H23年式~インプレッサ 1.5L i-s Rimited~(SUBARU Impreza gh2) 改造計画・其の③~デッドニング編~




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。


梅雨時期の増水の為、今年の宇治川の鵜飼は6月14日より中止となりました。

例年よりも今年は雨量が多く、外仕事が多い私共にしましては、

困った年回りでございますが、皆さま如何お過ごしでしょうか。

梅雨独特のムシムシした感じが体調を崩す要因になりますが、くれぐれもご自愛くださいませ。



さて、今回は前回記事に引き続き

~スバル インプレッサ 1.5 i-s Rimited (SUBARU Impreza gh2 ) 後部側デッドニング編~

でございます。


ハッチバックドアにレアルシルトを張り付け Before
R0015465.jpg


ハッチバックドアの内貼りを剥がした様子でございます。

前回記事でも申し上げましたように、トルエン・パーツクリーナーを使用して脱脂を行います。


ハッチバックドアにレアルシルトを張り付け After
R0015470.jpg


貼るのが可能な箇所に、レアルシルトを貼り付けます。


ライセンス灯の交換
R0015468.jpg


ついでに、ライセンスプレート灯も変えちゃいました♪

右が交換前、左が交換後でございます。


荷台・後部座席にレアルシルトを貼り付け Before
R0015456.jpg
荷台・後部座席にレアルシルトを貼り付け After
R0015511.jpg


後部座席・荷台の内貼りパーツを全て取り外します。

レアルシルトを考えながらカット&貼り付けをします。


荷台・後部座席にレアルシルトを貼り付け 左側 Before
R0015461.jpg
荷台・後部座席にレアルシルトを貼り付け 左側 After
R0015520.jpg
荷台・後部座席にレアルシルトを貼り付け 右側 After
R0015519.jpg
荷台・後部座席にレアルシルトを貼り付け After
R0015514.jpg
荷台・後部座席にレアルシルトを貼り付け After
R0015515.jpg


後部左右にも、「貼れる箇所全て」に、レアルシルトを貼り付けます。


防振スプレー
R0015522.jpg


そして、躊躇せずにこれを吹き付けます。

この工程には躊躇いは禁物です。

※この工程はくれぐれも自己責任でお願いします。

何か起こりましても一切の責任は負いません※



防振スプレー 塗装後①
R0015532.jpg
防振スプレー 塗装後②
R0015526.jpg
防振スプレー 塗装後③
R0015524.jpg


真っ黒^^;

恐らくこれが原因で、ヒューエルメーターの反応が悪くなりました・・・。


防振スプレー 7本使用(汗)
R0015533.jpg


後部に使った本数です。

※因みに、この匂いが全て無くなるまでに、2ヶ月近く掛かりました。
(乗車時と雨以外の日には、ドア4枚+ハッチバックドアを開けての換気で脱臭しました)

いずれは、運転席・助手席のシートを外して、底面・タイヤハウスもやる!

・・・予定です。(笑)


後部座席内貼り ピラーにブチル系制振材貼り付け
R0015475.jpg
ハッチドア 内貼りにブチル系制振材貼り付け
R0015477.jpg


インナーパネル側には、レアルシルトでは無くブチル系シール(若干格安)のものを貼り付けます。

レアルシルトは割と固めのシールでございますので、

カーブしたパーツ等に張り付けるのは難しいですが、

ブチルシートは曲げやすく圧着しやすいです。ローラーの必要がありません。


さて、デッドニング作業の効果は?と申しますと、

「結構効果があるな~」という感想でございます。


①純正スピーカーが、ワンランク上質になったような気がする。

②ボリュームを上げなくても音が聞こえる。

③車外の音が小さくなる。

④無駄にドアの開閉が楽しくなる。(笑)

等々のメリットがありました。



しかしながら、カーオーディオの神髄はデッドニングだけでなく、

カーオーディオ・アンプ・スピーカー・スピーカーケーブル等々をこだわってこそ、

真価を発揮するもので、デッドニングをしたからといって劇的!には変わりません。


オーディオの世界は奥の深い世界で、泥沼でございます。

お金を掛けるときりが無く、プロに依頼すると○百万も掛かる場合がありますので、

くれぐれも計画的に快音生活を楽しんで下さい♪


最近はデッドニングキットなども、用品店などで安く買えるようになりましたので、

お時間のある方はチャレンジしてみてください。

但し、何度も申し上げますが自己責任でお願いします。



140周年

      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~京都府 宇治市にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| | 11:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

H23年式~インプレッサ 1.5L i-s Rimited~(SUBARU Impreza gh2) 改造計画・其の②~デッドニング編~




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。



さて、今回は

~スバル インプレッサ 1.5 i-s Rimited (SUBARU Impreza gh2 ) デッドニング編~

でございます。


デッドニングって何ですか?と、良く問われますので簡単に説明致しますと・・・


カーオーディオの真価を発揮する為に、車の振動を極力弱める工程。

その為にカーデッドニングパーツを装着する工程?でございます。

あってるかどうか、説明が難しいですね(汗)

百聞は一見にしかず。内容をご覧くださいませ。

※但し、以下作業は参考程度になれば幸いでございますが、

くれぐれも自己責任でお願い致します。



着工前
IMG_0553.jpg


ここから長く、孤独な旅の始まりでございます。


内張り外し①
スバル インプレッサ GH2 1,5i-s Rimited impreza 内張り外し①


先ずは、このネジを外します。


内張り外し②
スバル インプレッサ GH2 1,5i-s Rimited impreza 内張り外し②


次にドアノブ横のネジを外します。


内張り外し③
スバル インプレッサ GH2 1,5i-s Rimited impreza 内張り外し③


取っ手を外して、更にビスを2本取り外します。


インナーパネルを外した様子
IMG_0554.jpg


ここで、ブチルゴムで貼り付けられたビニールシートを剥がします。

剥がした後に、脱脂作業(トルエンやパーツクリーナー等)で、

ブチルゴム(黒い接着剤みたいなもの)を除去します。


制振材 住友 レアルシルト
IMG_0555.jpg


https://www.sekisui.co.jp/search/detail-2758.html

切断機で、『事前に』切り分けます。←ココ重要
(慣れない初期段階では、ドアの構造が分からない為に迷います)

貼り付けする箇所を事前に脱脂をします。←ココも重要

切り分けたシートをヒートガンで柔らかくした後、圧着ローラーにて圧着。
(夏場ならヒートガンは不要かもしれません)


ドアにレアルシルトを張り付け①
IMG_0556.jpg


この工程がかなりが大変です--;

手を数箇所を切る等・・・怪我をします。

だからといってシール部位に繊維がついて、粘着力が弱まるので軍手もできません。


ドアにレアルシルトを張り付け②
IMG_0557.jpg


補足です。

ドア(内からアウト側へ向って)に、レアルシルトを貼り付けていく訳ですが、

この面も脱脂(掃除)は必須です。脱脂ができていないと、貼っても剥がれ易くなります。

ドアの内側は結構汚れてるんですよねぇ・・・。


ドアにレアルシルトを張り付け③
IMG_0558.jpg


ドアをアウトサイドから手で叩き、「コンコン」と振動する箇所に張り付け、

もう一度叩いた時に「コツコツ」となるように、隅々まで貼り付けます。

インナーパネルを戻した後、ドアを閉めると「バンッ」という音から、

「ドムフッ」という感じの剛性の高い高級車みたいな音がします♪

写りが悪いですがこんな感じでございます。

爽快^-^


ドアにレアルシルトを張り付け④
IMG_0561.jpg


最後にサービスホールと呼ばれる、作業効率を考えて空けてある穴を、

大きめにカットしたレアルシートを貼り付けて塞ぎます。

但し、これはドア側の電気系統などのトラブル時に剥がす可能性が有ります。

これでドア部位は終了です。

インナーパネルを外した時の逆手順でネジを留め元に戻します。


ちなみに、インナーパネル取り外し、レアルシートカット・貼り付け等々

ドア1枚辺り平均約4時間程度、計4日間掛かりました。


チューンは弊社の工場で実施しましたが、

平常営業日だと石材加工作業があったり・・・

工事車両等々の出入りがあったり・・・

夏場だと、汗がシールに付着するかもという心配もあったので・・・

もとまった連休のある、極寒の年末着手でございました{{{{(;>_<)}}}}


実はこの作業、まだまだ続くのでございますが、

写真が多過ぎますので・・・続きは、またの機会に致しましょう。




140周年

      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~京都府 宇治市にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| | 11:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

H23年式~インプレッサ 1.5L i-s Rimited~ SUBARU Impreza gh2 其の①




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。



今日は車のお話でございます。

2年前、当店の商用車と致しまして「Hondaのシビックハイブリッド(CIVIC HYBRID)」を購入致しました。

しかしながら、発売開始当初の「Hondaのハイブリッド」は技術的にまだ早すぎたせいか、

バッテリーが弱く、「チャージをしてもアシストが続かない・・・」「非力すぎる1300cc」でございました。


チューンをしたくともデイーラーさんから「止められた方が良いのでは・・・」との苦言をいただきました。

そんなフラストレーションもあり、直ぐに「買い替えを検討する方向」にスイッチが入ってしまいました(笑)


Hondaのシビックハイブリッド(CIVIC HYBRID)DAA-FD3
CA3A00851.jpg


そんな最中、ディーラーさんから

「新車(初回の車検を受ける迄)は、購入してから3年未満でないと値がつかない」との忠告があり、

「一日も早く他の車に買い換えたい!」と言う、私の気持ちに拍車を掛けました(笑)

購入したものの、残念ながらあまり愛着も沸かずに2年あまりで手放す事に致しました。


しかし、手放したまでは良いのですが、何とも無計画な四代目でございました(泣)

その後に乗る車を何も考えておらず、約半年ほど商用車の無い生活を送っておりました。


希望する条件としては、商用としての機能を果たし、

「良く走り、操舵性に優れ、荷物が詰めて、税金面からも1500cc以下クラス」

なんともまぁ、欲張りな要望でございますね(笑)


検討に検討を重ね、辿り着いた当時の候補が・・・

「インプレッサ」「ジューク」「スイフト」「アテンザワゴン」の4車種でございます。

当時は「ノート」や「アクア」も発売開始間もないの頃でしたが、

やはりハイブリッドは見送りすることに致しました(苦笑)


ゆきちゃんは「日産の回し者ですか…?」

という位に「ジューク」を熱望しておりました。

彼女を説得(?)するのには、時間が掛かりましたが

「車高が高い割に、室内が狭い。」

ということでジュークは却下でございます(笑)



「スイフト」と「アテンザ」に関しては、ゆきちゃんが「エンブレムがダメね…」鶴の一声で却下。

したがって、今回は「インプレッサ」に決定致しました。(汗)

しかし、またもやここで問題が発生致しました。

なんと!運悪く(?)「モデルチェンジ期」と重なってしまったのでございます!



まともな感性でしたら、恐らく「新型♪」>「旧型」なのでございましょう。

ところが、私は「新型」を一目見せていただいた瞬間、「これは無いなぁ・・・」と思い、

「どうしても『モデルチェンジ前』の『新車』が欲しい!」

と意気揚々で担当の方に電話でお願い致しましたところ、

「生産終了しました・・・」との冷たいお返事・・・


結局「新車は無理でも程度の良い、未使用車に限りなく近いもの」

を条件に「モデルチェンジ前のインプレッサ」を探してもらうことに致しました。


~スバル 1.5 i-s Rimited インプレッサ~
SUBARU Impreza gh2 Front

impreza gh2


結果、購入致しましたのは「吉祥院スバルの試乗車」として使用されていた車でございます。

走行距離が3000km弱で、外観、内装は限りなく新品同様、とても綺麗な状態でございました♪


~スバル 1.5 i-s Rimited インプレッサ~
SUBARU Impreza gh2 Seat

seat.jpg


何よりも気に入っている点は、「1.5 i-s rimited」という「最上位特別仕様車」というところでございます。

シートにはセミバケット式で、生地にはアルカンターラを遣い固めで心地が良く、

長時間の運転においても疲れが出にくいような気が致します。


~スバル 1.5 i-s Rimited インプレッサ~
SUBARU Impreza gh2 Rear

impreza gh2 R


次に、外装に関して気に入っております点は、

スバル車で同時期の「Impreza WRX」と同様のパーツが使用されていることでございます。

(きっと、厳密に申しますと型番が違うのでしょうが・・・)


~スバル 1.5 i-s Rimited インプレッサ~
SUBARU Impreza gh2 ディスチャージヘッドランプ

20140908_035131405_iOS.jpg


特別仕様車ということもあって、ディスチャージヘッドランプが装着済でございます。

「HIDバルブ」を使用しますので、白熱バルブに比べて明るい上に、消費電力が低い為発熱量が抑えられます。

HIDはフィラメントを使わないので、長寿命でございますね♪


~スバル 1.5 i-s Rimited インプレッサ~
SUBARU Impreza gh2 パドルシフト付き本革巻きステアリングホイール

20140907_062023216_iOS.jpg


この特別仕様の中で最も気に入っているのがこれです。

パドルシフトとは、シフト操作をする変速インターフェースパーツです。

ステアリングから手を離さずに「ギアチェンジ」が可能なパーツですので、

下り道や高速域からの加減速等にとても有効なパーツでございます♪




さて、驚くべき点は、こちらの価格でございます。



「えっ!?それ、お安くないですかΣ(*゚д゚*)ビックリ…!!!」



「年式落ち」と「試乗車」だと言う2点を差し引いたとしても、

かなりビックリ!ありがたいことに、サプライズ価格でございました。

当然、値切ることなど考えもしません・・・

即決致しますと、スバルさんが無償でバッテリーを新品にしてくれたり、至れり尽くせりのご対応♪


~スバル 1.5 i-s Rimited インプレッサ~
SUBARU Impreza gh2 cup holder

cup holder


はじめに、試乗したその日に気に入らないと思いました「カップホルダー」は、

改造されている方の車を参考に「レガシー(Legacy)のカップホルダー」に置換して納車してもうらようにお願い致しました。


ただ、一か所難点がございまして置き換えたものの固定はできず、「置いている」だけの状態でございます。

やはり「レガシー」とはネジ穴が異なる為、はまりはするが固定できない状況でございますが、

幸い、納車後1年と10ヶ月が経過しますが

「外れて大参事!」

という事態に陥ったことは、一度としてございません。

※注:ご参考になさる方は、くれぐれも自己責任でお願い致します。



さて、この「GHインプレッサ」。

実際に移動する道であちこち乗ってみて、またまたビックリしました。


「曲がります しかも半端なく」


どちらかと言えば「しなやかに曲がる」感じでございます。

(後々にこの「しなやかさ」を抑えるチューンに発展していく訳でございますが・・・)



私にとって、この「インプレッサ」が初めて購入するスバル車ですが、

これは・・・手を加えると

「とんでもなく化けそう・・・♡」


そんな匂いがただよう車だと直感致しました。

手にしたその日から、四代目の「終わることの無いチューン生活」が続くのでございました。(笑)

続きはまた別の機会にお話致しましょう。



      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~京都府 宇治市にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| | 10:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。