2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

≫ EDIT

広島県 宮島のもみじ饅頭店 坂本菓子舗さんにて。




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。



前回に引き続き、広島県 宮島の続きです。

厳島神社の参拝の帰りに、もみじ饅頭を食べようと立ち寄ったのがこちらです。



坂本菓子舗さん外観
IMGP2571.jpg


参道の路地に入った、うっかりしてると見落としてしまいそうな場所にあります。


もみじ饅頭製造機
IMGP2573.jpg


京都の四条通 新京極上ルにあるロンドン焼きを思い出しました。(笑)


型枠
IMGP2578.jpg


年季の入った道具や、機械はそのお店の歴史を物語ってくれますね。


種類豊富なもみじ饅頭IMGP2575.jpg


今や、あんこだけのもみじ饅頭というのは他店を見てもあまり見かけませんでした。


賞①
IMGP2579.jpg


昭和56年第19回全国菓子大博覧会 名誉大賞受賞です。

宮島の和菓子では歴史のあるお店のようですね。


賞②
IMGP2582.jpg


平成元年第21回全国菓子博覧会 中小企業庁長官賞受賞です。

他にも、色々な賞を受賞されているようです。


商品
IMGP2569.jpg


商品のラインナップは以下(公式HPより抜粋)


●小豆の皮むきさらしあん
 厳選された小豆の皮を剥いて捨て、中身だけを餡にして上質な砂糖と炊き込んだ、昔ながらの上品な餡。

●もんぶらん
 和栗を渋皮と一緒にクリームに合わせ、しっとりと仕上げました。

●桜あん
 上質な白手亡豆の自家製白餡に、桜の葉を刻み入れました。春の優しい香りを感じる一品です。

●宇治金時もみじ
 自家製白あんと本抹茶のみの抹茶餡と北海道産大納言あずきを練り込んだ上品な味です。


この日は、宇治金時が品切れでした。


それにしても、宇治(抹茶)は全国的に有名ですが、

実際に本物の宇治茶といわれるものはほぼ無いのが現状です。


イートインスペース①
IMGP2568.jpg


こちらで、出来立てほやほやのもみじ饅頭を食べることができます。


イートインスペース②
IMGP2567.jpg


セルフサービスですが、お茶もいただけます。

ここで、全種類を味見してからお気に入りを購入するのがお勧めです。


正面:もんぶらん・左奥:小豆の皮むきさらしあん・右奥:桜あんIMGP2562.jpg


イートインスペースにて、フィルムに包まれた出来立ての温かいもみじ饅頭をいただきました。

あんこが苦手な私、四代目ですが…全種類、違和感無く食べられました。

個人的には、ちょっと塩味の利いた桜あんが好きです。

ゆきちゃんは、もんぶらんを絶賛していました。



時代の変遷と共に、定番商品だけではどのような業界でも通用しないのが今の流れですね。

定番のものをアレンジするというのは、ちゃんとした基礎があった上に成り立つ物ですので、

どの業界をとっても、簡単なようで本当に難しいものだなと感じます。


つくりたてのもみじ饅頭がその場で食べることができます。

もみじ饅頭の概念を変えられました。お勧めです。


坂本菓子舗

坂本菓子舗 公式HPです。

http://www.sakamoto-momiji.jp/index.html



      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~広島県にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| 菓子類 | 09:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

広島県 宮島 の厳島神社にて。




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。



前回に引き続き、広島の続きでございます。

今回の広島行きの最大の目的は、牡蠣ではありません。(笑)


お伺いしたのはこちらです。


名所
IMGP2422.jpg


云うまでも無く、とても有名な大鳥居です。

この日の到着時刻は13:30頃です。干潮といえど1/15は写真のような状況でした。


大鳥居の高さは16m、重量は約60tで主柱は樹齢500~600年のクスノキで作られているようです。

この大鳥居で8代目らしいです。


根元は海底に埋められているわけではなく、松材の杭を打って地盤を強化し、

箱型の島木の中に石を詰めて加重するなど、鳥居の重みだけで立っているそうです。


今でこそ、コンクリート等が主要になってきて石材工事なども簡素化されていますが

昔は、見地石を積む際などにも松材の杭を打ち、工事をしたようです。


参道の様子
IMGP2552.jpg


右側に並び立つのは古いもので、日本人の石屋の職人によって製作されたものです。

左側の燈篭は比較的新しく、恐らく・・・ですが中国加工品だと思います。

やはり、本物の石工が造る燈篭は温かみ・味があっていいですね。


私、四代目も昨年某神社から依頼を受けまして、

中国品の燈篭をお納めしてまいりましたが、やっぱり・・・という感じでした。


名物
IMGP2430.jpg


この日は、大変寒くて全国的に大雪の警報が出ていた日で

会えるかどうか心配?していましたが、ちゃんと居ました!(笑)


人懐こい子で、なでなでさせてくれましたよ。


全景
IMGP2434.jpg


厳島神社の全景です。

改めて、こうやって見ると神々しいですね。


廻廊
IMGP2492.jpg


廻廊は幅4m、長さは約275mです。

一歩通行ですので、団体の旅行客もスイスイ流れていました。

実際に歩いてみると、あちらこちら見ながらですので、もっと長い距離に感じられました。


高舞台付近より
IMGP2444.jpg


本殿の正面には燈篭が1対、狛犬も1対配置されています。

その前に、高舞台があります。

平清盛が大阪・四天王寺から移したという舞楽がここで演じられるそうです。


平舞台より望む大鳥居
IMGP2446.jpg


この場所は、最高に気持ちがいいです。

心中(神様の通り道)付近は、清清しいものです。


この大鳥居の背面側には本殿があります。

例によって神様がおいでになる場所は、失礼になりますので撮影していません。


御朱印
御朱印


この日、授かった御朱印です。

費用は、志ということでした。


能舞台
IMGP2507.jpg


通常、能舞台の床下には共鳴用の甕(かめ)が埋めてありますが

ここは、海上(満潮時)ですので当然甕は埋められません。

そのため、足拍子の響きをよくするために舞台の床が

一枚の板のようになっているのが特徴だそうです。

建立当初の大工さんの技術の高さというか、職人魂が伝わってきますね。



海上の能舞台なんて、世界中を探してもここだけでしょう。

聖地内で唯一朱塗りでは無く、温かみがあり施設の中で異色を放っていました。



この舞台では春の桃花祭神能が演じられるみたいです。

こんな場所で能を観劇するのは風流でいいですね。


ズーム
IMGP2504.jpg


背面には松が描かれています。

うっすらと、風化により絵が消えかかってる感じが、長い長い歴史を感じさせてくれます。


反橋
IMGP2527.jpg


そりばしと読むみたいです。

かつては重要な祭事の際には、勅使がこの橋を渡って本社内に入ったそうです。


それにしても、かなり急ですよね・・上りは良くても下りは怖いでしょうね。(汗)


敷地の外から望む五重塔
IMGP2549.jpg


桧皮葺の屋根と朱塗りの柱が美しい塔です。

高さは27.6m。応永14年(1407年)に建立されたものと伝えられているそうです。

残念ながら、一般客は見学できないみたいです。


大願寺
IMGP2542.jpg


厳島神社の廻廊を出て直ぐにあるのがこちらです。

聖地内には、弁財天様・不動明王様をはじめ、沢山の神様方、仏様方をお祭りされています。


雪の宮島
IMGP2590.jpg


お参りも無事に済んで帰ろうとしたら・・・大雪に見舞われました。(汗)

これは、帰り道のフェリーから撮影した写真です。

雪の宮島って結構レアな気がしますが、どうなんでしょう。




ここ、広島県は前述の厳島神社をはじめとして県民性?と申しましょうか、

非常に気持ちの優しい方々が多く個人的には好きです。

また、訪れたいと思います。


      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。合掌



~広島県 にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| 神社仏閣 | 09:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

広島駅 ASSE 2F お好み焼き 麗ちゃんにて。【閉店されたようです】




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。



1月14日の広島食べ歩きの続きでございます。

本場で食べてみたかった、広島焼きに行くことにしました。

かき名庵さんと同じASSEビルの2Fに、

広島焼きのお店が数件ありますので、とりあえず見に行きました。


有名店?
R0013199s_20140901162259d39.jpg


このフロアで一番混雑しているお店が「麗ちゃん」でした。

見ての通り、非常に混んでいます。

他にも、数店広島焼きのお店はあったのですが、

他の店舗は割りとガランとしているのに、このお店だけは違いました。


第二麗ちゃん
R0013200_20140902102349c9a.jpg


暫く人の往来を観察して、広島県民らしい人が多数入っている、麗ちゃんの行くことにしました。

本店?がいっぱいでしたので、こちらの第二麗ちゃんにお邪魔しました。

それでもこちらの第二麗ちゃんも、混雑していました。


調味料
R0013226.jpg


卓上の手元には、カープソース・ガーリックパウダー・一味がおいてあります。

カープソースの赤が甘口、黄色が辛口と説明していただきました。


メニュー①
R0013204.jpg


注文は、番号でオーダーするという、混雑してる店には合理的なシステムです。

今回は、①豚肉・卵(麺無し)と⑦豚肉・卵(そば)をオーダーしました。


メニュー②
R0013206.jpg


大きい字のメニューもあります。


メニュー③
R0013209.jpg


こちらは飲み物。


プロ野球選手のサイン
R0013208.jpg


阪神タイガースの藤川投手・安藤投手・下柳投手・福原投手のサインがありました。

広島県なのに・・・(笑)


広島焼きの作り方
R0013224.jpg


のれんにも書いてありますが、広島焼きとは言わないみたいですね。

「お好み焼き」が通称みたいです。


生地を広げた上に、鰹節の粉・とろろ昆布をのせます。


其の②
R0013225.jpg


その上に、キャベツ。


其の③
R0013227.jpg


それからてんかすをのせて・・・

写真を撮り忘れたみたいですが、このあとにもやしたっぷりの上に豚肉。

それを反して、ソースを塗って出来上がりです。


①豚肉・卵(麺無し)
R0013216.jpg


見た目はかなりボリュームたっぷりに見えます。。。

食べられるか心配でしたけど、中身はかなりヘルシーな感じです。

京都や、大阪のお好み焼きと違って粉が少なく野菜ばかりなので

牡蠣尽くしの後でも以外?に食べられました。(笑)


⑦豚肉・卵(そば)
R0013219.jpg


こちらは、そば入り。

麺が入っても、そんなに重たくない感じでした。


断面
R0013220.jpg


割った感じはこんな感じです。

そばは炒める?時にケチャップを隠し味で使われていました。

こちらも、無事に完食。(笑)



広島駅周辺のお店は結構流行っているというか、景気が良いのか、賑わっていました。

京都界隈のにならず、他府県でも外食産業は低迷している感じに見えますが

金曜日ということを考慮しても、久し振りにこんな風景を見た気がします。



愛想のいい綺麗な広島美人のスタッフさんが多かったです。

また、広島に行く際には訪れたいと思います。



お好み焼き 麗ちゃん

お好み焼き 麗ちゃん食べログです。
http://r.tabelog.com/hiroshima/A3401/A340102/34010779/dtlrvwlst/2435330/



      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~広島県 広島市にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| B級グルメ | 09:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

広島県 広島市 南区 広島駅 ASEE 6Fのかき名庵さんにて。




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。



1月14日のことです。

ちょっとした目的があって、広島に行きました。

時間的なこともあり、目的は翌日にゆっくり果たすことにして、

広島の夜を満喫してきました。(笑)


広島といえば・・・牡蠣と広島焼きともみじ饅頭ですよね!


とりあえず、牡蠣を食べよう!

と、いうことで色々と下調べをしてお店に行って来ました。


かき名庵
かき名庵 外観


ここは、老舗の牡蠣料理店「かなわ」さんの系列店です。

http://www.kanawa.co.jp/


今回は、広島駅南口のASSE 6Fのかき名庵さんにお邪魔しました。

私、四代目は牡蠣は大好きなのですが、

可愛そうな事にゆきちゃんは苦手でしたので本店ではなく、

カジュアルな料理も提供していただけるこのお店になりました。


かき名庵 ディスプレイ
かき名庵 ディスプレイ①


牡蠣一色でございますね。


かき名庵 ディスプレイ②
かき名庵 ディスプレイ②


牡蠣名庵さんでは、日本だけでなく海外の牡蠣も楽しめる、

オイスターバーがコンセプトのようでございます。


生かき※左から、かき小町・沖ノ島ヌーボー・大黒神
生かき※左から、かき小町・沖ノ島ヌーボー・大黒神


とりあえず・・・これですよね♪

生牡蠣。



かき小町・・・広島県で有名なブランド牡蠣です。

非常に濃厚で甘みもこくがあります。浜焼きも食べましたが

生で食べるのが価値がある逸品です。広島の牡蠣ではこれが一番美味しかったです。


沖ノ島ヌーボー・・・甘みとこくはありますが、かき小町には劣ります。

広島産の牡蠣で、生をたくさん食べたい方には、安くて良いと思います。


大黒神・・・この日のお勧め。鮮度が一番良かったのはこれでしょうか。

本当に新鮮で、身の黒色の内側が銀色に光っていました。

生なのに、牡蠣独特の「くせ」が少なく、ちょっと物足りませんでしたが

生牡蠣が苦手な方にもお勧めできる種類です。



他にも、アメリカ産などありましたが折角なので、上記の広島産3種をいただきました。


かき小町の浜焼き
かき小町の浜焼き


牡蠣のスタンダードな食べ方?の一種でございますね。


中身はこんな感じ
かき小町 OPEN


浜焼きって感じで(笑)


アップ
かき小町 UP


予想以上に・・・美味しく無かったです。。。

一品目にこれを頼めば展開は変わったのかも知れませんが

わざわざ焼く必要は無いかと思いました。

かき小町は、生食が一番良かったです。


カキフライ
カキフライ


定番中の定番です。


カキフライの付け合せサラダ
カキフライの付け合せサラダ


こんなサラダがついてきます。


カキフライのソース
カキフライのソース


これは・・・恐れ入りました。

広島ではケチャップをつけて、カキフライを食べるんでしょうか・・・?

他の店で検証してないので、何ともいえませんがちょっと驚きでした。

カイフライといえば、ソースかタルタルソースってイメージですが。。。


とりあえず、一口。

以外に、違和感がありませんでした。

結構美味しかったです。


オイスターチャウダー
オイスターチャウダー


これは、中々考えましたね。

私、四代目は結構好きな感じのチャウダーでした。


それにしても、牡蠣の味がちょっと違うような気がしたので

店員さんに尋ねたら、~産○○って表記が無い物は

スーパー等のパックの牡蠣だということです。

ご注文の際にはご注意を・・・


かきオーブン焼き盛り合わせ
かきオーブン焼き盛り合わせ


これは、ゆきちゃんが絶賛していました。(笑)

ここまでくると、本当に牡蠣尽くしって感じですね♪


かきクリームコロッケ
かきグラタン


これは、まぁまぁでした。

牡蠣がグラタンと相性がいい事は良く分かりましたね。


かきときのこのワイン蒸し
かきときのこのワイン蒸し


これは・・・ちょっと味付けがどうかと。。

発想は良いのですが、もう少しワインの風味を生かせる味だといいと思います。



スタッフはアルバイトののようで、こちら側の質問に対して毎回厨房に聞きに行っていました。

愛想の良いスタッフさんですが、お店側の指導がなってない気がします。

スタッフにちゃんとしたことを教えて、スタッフ自信が老舗の系列店舗で働いているという誇りや

やる気・自信を持ってもらうのは、お店側の重要な教育という課題の一つでは無いかと思います。

牡蠣料理は、パックを開けて調理した物も多数ありますので、注文の際には注意が必要です。


かき名庵

かき名庵 公式HPです。
http://www.kanawa.co.jp/restaurant/meian/index.html


食べログはこちら。
http://u.tabelog.com/000364788/r/rvwdtl/2433511/



      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~広島県 広島市にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| 居酒屋・その他 | 09:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご挨拶




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。


謹んで新年のお慶びを申し上げます。

皆様におかれましては、幸多き新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

旧年中は、格別のお引き立てを賜りまして心より感謝お礼申し上げます。


おかげさまをもちまして、弊社は今年創業136周年を迎えます。

ひとえに皆様の御厚情によるものと深く感謝致しております。

本年も、変わらぬご支援とご厚情を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。



                    石末 辻本石材店 四代目代表 辻本 登志海


      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~京都府 宇治市にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| 石材工事 | 14:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月