2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

≫ EDIT

奈良県 奈良市の「奈良ホテル」さんにて。




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。


昨年「アインシュタインのピアノイベント」の際、その主催者様でもございます、

「奈良ホテル」さんに宿泊させていただきました。

本当に素晴らしいホテルでございました。


奈良ホテル 正面玄関口
奈良ホテル 正面玄関


重厚感のある玄関でございます。

ホテルの館内に一歩足を踏み入れた世界感やオーラは、

他のホテルでは感じられない独特さがあり、神秘的な空間でございました。


館内の様子
R0015573.jpg


奈良ホテルならではな、独特な造りになっておりまして、

シャンデリアは春日灯籠風、柱のデザインは神社の欄干風といった、

まさに春日大社を彷彿とさせるような趣向でございました。


本館235号室
R00155591.jpg


この日、通されました235号室でございます。

右側には創業時のマントルピース(暖炉)が残り、決して広いといえませんが

ノスタルジックな世界でございました。


高く作りの凝った天井部
R00155641.jpg


決して広いとはいえない部屋ですが、天井が高く圧迫感はございませんでした。

照明もレトロで、他のホテルでは味わえない空間は大変面白い経験でございました。


スチーム暖房
スチーム暖房


こちらは、大正3年(1914年)に導入されて以来の奈良ホテルの名物だそうでございます。

使い方は部屋への案内時にホテルのスタッフさんが説明していただきましたが、

勘違いを致しまして、クローズ側へダイヤルを回すつもりが…オープン側へ回したままにしていたので、

まるで夏場のような室温になってしまったのは、今となっては良い思い出でございます。(笑)

冬季にご宿泊される方はお気を付け下さいね。


スチーム暖房についての案内
R0015658.jpg


操作方法を聞き逃しても、こういった丁寧な案内があるのを忘れておりました。(笑)


廊下のスチーム暖房
R0015638_20121219212505.jpg


こちらは、館内の廊下に設置されているスチーム暖房でございます。

ルームのシルバー色に対してこちらはゴールド色という、対照的な色遣いでございますね。

館内はこのスチーム暖房のお蔭もあって、冬場でも大変快適に過ごすことができました。


カフェサロン
R0015623.jpg


こちらは1Fのカフェサロンでございます。

奈良ホテルさんの館内は、ほぼ全ての空間が落ち着きがあるのですが、

特にこのカフェサロン周辺の空間は落ち着ける場所でございました。

この日は、利用する機会がございませんでしたが、

また訪れた際には利用してみたいと存じます。


平成の大時計
IMG_0172.jpg


カフェサロンに設置されている「平成の大時計」でございます。


平成の大時計について
IMG_0174.jpg


※以下、奈良ホテルさんの紹介文より

『天皇陛下のご即位を祝して、「桜の間」に置かれたものです。

天皇陛下・皇后陛下 ご来館の際(平成2年12月1日)、

この場所にお立ち寄りになられ「伝統の奈良ホテルにふさわしい置物」とのお言葉を賜りました。

皇后陛下には15分毎に流れるメロディを特にお気に召され、

ホテルご出発の朝、わざわざお聴きに来られるという出来事もありました。※ドイツ・ウルゴス社製』





15分置きにメロディが流れるようでございます。

私、四代目が聴いたのは22:15のメロディでございました。

その時のメロディでございます。


バーラウンジにて
IMG_0167.jpg


こちら、奈良ホテルさんのバーラウンジでございます。

四代目は「ギネスを常温」でオーダー致しました。

ゆきちゃんは「トムコリンズ」をオーダーさせていただきました。

こちらでは「常温のギネス」は扱っていらっしゃいませんでしたが、

常温に近いギネスを提供してくださいました。

今まで、様々なホテルやバーを利用して参りましたが、

ここは、私 四代目の中でも3本の指に入るお気に入りの空間でございます。

特に、落ち着ける空間としてはNo,1でございましょう。



ゆったりと時間が流れる・・・そんな優雅で繊細な気分に浸れます。


バーラウンジの入り口から見える紅葉の木
IMG_0168_20121219212006.jpg


バーの入り口付近に佇む紅葉の老木でございます。

見頃には大変美しく、地面も一面真っ赤に染まるそうでございます。

頃合いを見計らい、また是非訪れたいと思いました。


建物の維持・ホテルスタッフの立ち振る舞いから言葉遣いに至るまで、

奈良ホテルさんではこれらの要素全てを、

「完璧」に満たしておられるホテルでございました。


この日は車にて奈良ホテルさんにお伺いさせていただきました。

どうしたら良いのか迷っておりますと、フロントスタッフの方が飛んで来られまして


「駐車場へご案内申し上げます。こちらの方へお願い申し上げます。」

最近、聞くことの出来なくなった「正しい日本語」で案内して下さいました。

頭が下がる思いでございます。




私、四代目はこの仕事をはじめてから今日に至るまで、

「真のサービス」を追求したく、老舗と呼ばれる店舗(100年以上の店舗)や

一流ホテル、一流レストラン、評判の高いお店などを巡っております。


「コストパフォーマンス」という、誤った和製英語が行き交う中、

「お値段さえ安ければ何でも良し」とお考えのお客様が、

誤解されて弊店へ、お問い合わせ下さいます(汗)

稀にではございますが・・・



一方、奈良ホテルさんの口コミを拝見させていただき、不思議に感じたことがございます。

「値段が高い」「もう少し安くなるように改善してほしい」…等々

一部の方ではございますが、勘違いされておられますね。

お安いお値段で良いサービスを受けることなど・・・

そんな都合の良い話しなど世の中にはございませんね(汗)



価格競争の最中、一流ホテルであっても、どなたでも宿泊できるようにと、

一人一万円代での激安プランを提供されるようになりました。



本当に残念なことでございます。

奈良ホテルさん、現状維持でくれぐれもお願い申し上げます。



「お安く」だけ提供ということは簡単なことでございますが、

弊店ではそのような「安ければ何でも良い。」と仰せのお客様に適うような

粗悪な商品やサービスは、ただ今お取り扱い致してございません。

「安かろう悪かろう」というやり方には、一切興味がございません。

誇りを持てますお品やサービスのみを、お取り扱いさせていただいております。
                               


奈良ホテルさんでは、日本語の美しさを改めて確認することができました。

ゆったりと、上質な時間やサービスを楽しみたい方には、

本当にお勧めの一流ホテルでございます。



奈良ホテル 

〒630-8301 奈良県奈良市高畑町1096

0742-26-3300(代)



      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~奈良県 奈良市にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| ホテル・宿泊施設等 | 12:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月