2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

≫ EDIT

京都市 北区「大豊ラーメン 佛大前店」さんにて~鹹味の誘惑~




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。



木屋町や先斗町界隈の〆と言えば「大豊ラーメン」

学生時代、私共もお世話になりました。

「夜遊び好き」生粋の京都人にとりましては、

「大豊ラーメン」は、定番のナイトスポットでございますね(笑)



社会人になってからは、木屋町に繰り出すことも少なくなり、

健康の事を考えるようにもなり、ラーメンを食べる機会はグッと減りました・・・


先日、ゆきちゃんとそんな昔話をしているうちに、

深夜にもかかわらず、「背徳感」を味わいたくなる・・・

そんな私共の悪いパーソナリティが騒ぎはじめました(笑)


大豊ラーメン 北大路店 外観
大豊ラーメン外観


検索致しますと「大豊ラーメン」は北大路にもお店があるのですね・・・

深夜2時まで営業されているそうで、私共の強い味方でございますね(笑)

北大路店に伺うのは、初めてでございますので、

何があるのか、お楽しみでございます♪


メニュー
メニュー


木屋町店と若干違うようにも感じますが、メニュー自体は同じくシンプルでございます。

最近、このように特化したお店の方がレアですね。

こちらのおすすめは「チャーシュー麺」です。



「味噌ラーメン?!」・・・木屋町には無いメニューですね!

やはり、これは頼まない訳には参りませんね☆


大豊ラーメン 味噌ラーメン
大豊ラーメン味噌


エクスプローラー四代目、「味噌ラーメン」に挑戦してみます(笑)

チャーシュー、相変わらずボリューミーですね♪

「並」でこのボリュームですので、

「Wチャーシュー」など、到底、いただけそうにございません・・・

お味の方は、何処にでもある「味噌ラーメン」のお味でございますが、

個人的には醤油よりは味噌かなぁ・・・。


大豊ラーメン ラーメン
大豊ラーメン醤油


ゆきちゃんは、女性らしく(?)今回は、定番の「醤油ラーメン」をいただきました。

「simple is best」

「ラーメン」には多くはは求めませんよね!

この「しょっぱさ」、たまりませんね(><)

もちもちとした麺が彼女のお気に入りでございます。

(ただ、木屋町店の方が微妙に美味しいかも・・・です)


大豊ラーメン焼豚
大豊ラーメン焼豚


「黒豚チャーシュー」はお店のセールスポイントでございます。

10時間程煮込んだ「黒豚チャーシュー」は、とっても美味しいんです♪

木屋町店では、皆さん深夜でも「Wチャーシュー」をオーダーされたり、

テイクアウト用として「黒豚チャーシュー」の塊を購入されたりもしています。


大豊ラーメン調味料
大豊ラーメン調味料


大豊ラーメン、卓上の薬味などの調味料も至ってシンプルでございます。

僅か一杯のラーメンをいただく事に、私共は必要以上の変化は求めません(笑)

お客に必要以上に媚びない「普遍性」、大豊ラーメンさんの魅力でございます。



お恥ずかしながら、四代目はラーメン屋に行くと必ず「麺カタ」とか・・・

学生時代は、とっても「野暮なオーダー」をしたものでございます(>ω<)ゞ

今は何に関しても、科学的な根拠がある方法が一番だと感じ、

必ず「お店のお勧めの湯で加減」でいただいております。



懐かしの大豊ラーメンをいただき、久しぶりに「木屋町界隈」に繰り出したくなりました(笑)

週末あたり、ゆきちゃんと出かける事に致しましょう♪

ご馳走様でございました。



大豊ラーメン 佛大前店

京都府京都市北区紫野大徳寺町26-20

営業時間 11:00~翌2:00





140周年

      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~京都市 北区にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| ラーメン | 11:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪府 箕面市~ガレット&カフェディナー~「ポパンクールカフェ箕面」さんにて。




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。



3月14日は「ホワイトデー」でございますね☆

連日、世の男性陣に向けてか「GODIVA」の

ホワイトデーバージョンのCMが放映されております。

日本人って何故ここまで「GODIVA推し」なのでございましょうか・・・(笑)



さて休日前夜、ゆきちゃんと箕面方面までドライブに行って参りました。

このまま真っ直ぐ帰るのも寂しいので、少し遠回りをして、

お気に入りの「ポパンクールカフェ箕面」さんで休憩することに致しました。

深夜0時まで営業されておりますので、ドライブデートの帰りには最適でございます。


エントランス
外観1


ポパンクールカフェ箕面さんは、郊外型人気カフェ「ノイカフェ」さんの姉妹店。

まるで「おとぎの国」から抜け出したような、ヨーロッパ調のアンティークな佇まいでございます。

大阪や神戸までドライブ行った帰り道に、良く立ち寄るお店の一つでございます。


外観
外観2


特に、辺りが暗くなるディナータイム時は、中々雰囲気がございますよ。

カップルのデートスポットとしてお勧めでございますね


店内 アンティーク家具、調度品
店内の様子


店内は、アンティーク家具と、光と影のコントラストが織りなすハーモニーが美しく、

まるで絵本の中から抜け出たような世界でございます。


家具などの調度品は、パリなどのアンティークマーケットから輸入されているそうでございます。

オーナーはカフェの他、アンティーク家具の「アルル」さん等を経営していらっしゃいます。

店内のオブジェは、拘りのオリジナル作品だそうでございます。


2人のいつもの特等席(笑?)
いつもの特等席


さて、こちらの窓際真ん中の席が、私共のいつもの「特等席(?)」でございます。

残念!訪問時、今日は珍しく、満席でございました・・・

気分を変えて、別の席に致しましょう♪


今回の席
今回のテーブル


今回は、こちらのカーテンの奥のテーブルでございます。

童話の世界を思わせるような、愛らしい空間でございます。

またいつもと雰囲気も変り、こちらはこちらで良いかもしれませんね♪


ディナーメニュー
メニュー


伺うのは、いつもディナーの時間帯でございます。

ディナーメニューは、各種ドリンクメニューはもちろん、前菜からデザートまでございます。

好みのアラカルトメニューを組み合わせて軽めのディナーが楽しめます。

2人とも、調度、小腹が空いてきました・・・早速、何かいただくことに致しましょう☆


田舎風パテ
田舎風パテ


半年ぶりに伺ったので、ちょっとメニューが変っておりますね・・・

見落としていたのか、いつもオーダーずる「リエット」が見当たりませんでしたので、

まずは前菜をと「田舎風パテ」をいただきました。

レバーとほんのり甘酸っぱいプラムの黄金コンビですね♪

双方の異なる香りとテクスチャーの取り合わせが楽しい一皿です。


お料理も全て自家製なので、結構、美味しいですよ♪


海老と舞茸、ビーツとポテトのアヒージョ&バケット(※別途オーダー)
アヒージョ


※残念ながら、スープが品切れでございました。

スープは、とても美味しいのですが、私共の訪問時、

大体「二分の一」の確率で品切れ状態でございますね。


気を取り直し、「アヒージョ」&「バケット(※別途オーダー)」でございます。

塩分が強めで、四代目の好みのお味でございます。

中々良いお味でございますね♪四代目のお気に入りでございます。


魚介のラグー
パスタ


ゆきちゃんは「国産熟成ベーコンとズッキーニのトマトソース」

四代目は「魚介のラグー」をオーダー致しました。

しかし、店員さんから「それは多すぎると思います(汗)」との忠告がありました。

いえいえ、いつもは二品オーダーしているのですが・・・



折角の忠告に逆らうのも何ですので、

ゆきちゃんが折れて(笑)四代目の「魚介のラグー」一品に決定しました。

チャンク状にした、「鯖、帆立、蛸、浅利」を使用したトマトベースのパスタでございます。

やはり、いつも通り「パスタは二品」オーダーしておけば良かったと後悔致しました(泣)


カーマンベールとソーセージ、ポテトのガレット
カーマンベールとソーセージ、ポテトのガレット


着席時にオーダーしたのですが、約一時間半後に登場致しました(笑)

ポパンクールカフェさんと言えば「ガレット」でございますね。

「カーマンベールとソーセージ、ポテトのガレット」をいただきます。

ゆきちゃんも好きな「ガレット」、女性には人気でございますね。

当初、ガレットについて、男子四代目、失礼ながら「女性やお子さんの食べ物」

だと認識しておりましたが、今や結構気に入っております(笑)

素朴なお味のロースト野菜が、焼きたてのガレットの香ばしいお味を引き立てます。


Coffe filtre(一杯だてドリップコーヒー 茶菓子付き)
コーヒー


食後にドリップコーヒーをいただきました。

一杯だてのドリップコーヒーは、雑味がなく香りとコクを楽しめます。

契約焙煎所で焙煎した、こちらのオリジナル豆を使ったものだそうでございます。

自家製のショコラクッキー付きでございます。


実は、今回も全てのメニューを着席時にオーダーしたのですが・・・

コーヒーまで出揃うのに、ざっと二時間は掛かります(笑)

全て自家製、少人数で切り盛りされているので仕方がないですね。


ケーキ類(専属パティシエさんの自信作)
ケーキ


自家製ケーキは、専属パティシエさんの自信作。

甘いものが好きなゆきちゃんは、いつも、このショーケースに釘付けでございます(笑)

夜になるとショーケースがやや寂しくなりますが、ケーキはお店の人気のメニューでございます。

時間の流れがとってもゆるやかに感じる・・・そんな「ポパンクールカフェ」さん、

自分の気忙しさすら、無駄に感じてしまうような不思議な空間でございます。

一つ一つの仕事に拘りがありながらも、

何だかとても「ユル~い」感じ・・・それがこちらの持ち味でございます。

そんな広義の意味での「ゆとりカフェ」

「ポパンクールカフェ」さん、私共は、とっても気に入っております。

また近いうちにお邪魔致しますね♪

ご馳走様でございました。



ポパンクールカフェ箕面

大阪府箕面市船場東2-3-56

072-727-3751

http://popincourt-cafe.com/




140周年

      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~大阪府 箕面市にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| カフェ・BAR | 11:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京都市 祇園 四条縄手~名物すじカレーうどん~「そば処 小梅」さんにて。




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。



啓蟄を迎え、随分と過ごしやすくなりましたね。

私共も、週末になると、冬篭りを終えた虫たちのように、

ついつい祇園に足が向いてしまいます(笑)


そば処小梅 外観
小梅外観


さて、深夜2時をまわり、ご機嫌さんで家路へと向かう途中、

どうしても「何か温かい〆もの」が食べたくなりました。

ゆきちゃんと楽しく飲んでいるうちに、すっかり午前様(笑)

時間も時間なので、今日は「そば処小梅」さんにお邪魔する事に致しました。

場所は四条縄手「一銭洋食」さんの直ぐ隣でございます。


そば処小梅 看板
小梅看板


「そば処小梅」さんは、深夜3時まで営業されております。

このご時勢、深夜営業のお店は希少なので、本当にありがたいですね。

お酒を飲んだ締めにはぴったりでございます。


そば処小梅 入り口メニュー
小梅 メニュー


お店の入り口には、掲示板に見立てた簾に、

お勧めメニューの写真が貼り付けられています。


そば処小梅 店内
小梅店内


「昔ながら」と言う言葉が当てはまるような佇まいでございます。

お店のお勧めメニューは「すじカレー」や「キンピラ」だそうでございます。

場所柄、夜は勤務を終えた、サービス業の女性達も御用達のお店ようでございます。


そば処小梅 薬味他・・・
小梅薬味


テーブルには薬味の「一味」や「七味」、「粉山椒」がございます。

「使い回しのお箸」がちょっと苦手な私共、やはり「割り箸」がありがたいですね・・・


そば処小梅 「ハイカラそば」
小梅はいから蕎麦


「そば派」のゆきちゃんは、シンプルに「ハイカラそば」。

「揚げ玉」、「かまぼこ」、「海苔」、「ネギ」がトッピングされています。

お出しは、やや甘めではございますが、京風のあっさりとした味わいでございます。

揚げ玉は出来立て。コクと旨みが加わり、お出汁のお味が際立ちますね。


そば処小梅「名物すじカレーうどん」
小梅すじカレーうどん


「うどん派」の四代目は、そば処小梅名物「すじカレーうどん」。

スパイスの効いた感じのカレー出汁でございますね。

無性にカレーうどんが食べたくなる時にはお勧めでございます♪

やはり、「男は黙ってカレー」ですよね!

そして「そば処」でありながら、あえてのうどん(笑)

「京都風の柔らかおうどん」&「お出汁の香るカレー餡」

本当に抜群の相性ですね☆


そば処小梅 メニュー
小梅メニュー


深夜にもかかわらず、メニューは中々多彩でございます。

毎回、何にしようかと悩むのも結構楽しいです♪



飲んだ後の「締めの一杯 」・・・

翌朝の後悔はさておき、何でもない「うどん」や「ラーメン」さえも、

不思議と普段よりも美味しく感じます。.

「そば処小梅」さん、いつも遅くまで営業していただいて、ありがとうございます。

これからも重宝させていただきます。ご馳走様でございました。



そば処 小梅

京都府京都市東山区縄手通四条上ル タップビル 1F

075-525-2347




140周年

      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~京都市 東山区にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| うどん・そば | 11:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月