PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011神戸ルミナリエにて。




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。


12/12の出来事です。

本年度も、神戸ルミナリエ2011に行って参りました。

近年、ルミナリエは私どもにとりまして、

一年の締めくくりのうちの一つとなりつつございまして、今回で4回目の鑑賞でございます。


2011ルミナリエ神戸入り口IMGP3037.jpg


第17回目となる今年のテーマは「希望の光」でございました。

使用電球数は、合計約20万個ということでございますが、

今年は先の東北地方太平洋沖地震の影響もございまして、

自然エネルギーで発電されました、グリーン電力を利用した開催だったようでございます。

今年の配置・配色は比較的シンプルな感じでございましたが、とても幻想的で洗練されました印象を受けました。


光の廻廊
IMGP3057.jpg


12日は今年の最終日でございましたが、人は平日と言う事もございまして、

来場者数は少なめで、ゆっくり歩きながら、その光りの美しさを楽しむ事ができました。


東遊園地南付近
R0014442.jpg


今年は荷物が多くて、あまり上手に撮影できませんでした・・・

それにしても、このエリアのイルミネーションも宜しゅうございましたよ。


東遊園地南付近 内側
IMGP3065.jpg


今年は、「東北地方太平洋沖地震」が発生し、日本中が悲しみに包まれた年でもございましたね。

先日、テレビのニュースで東北地方の修学旅行生の学生さん達が、

神戸ルミナリエをご覧になり、泣いていらっしゃる場面を拝見致しました。

本当に、胸が締め付けられるような思いでございました。



お蔭様で京都在住の私達は、現在このような天災に遭遇する事無く、

このようにして、無事変わりない日々を過ごしております。

普段、感謝の気持ちを忘れがちな私には、ルミナリエのようなイベントの開催は、

改めてこうして生きていることに感謝する、またとない機会でございます。



ルミナリエ神戸の入場者数は、開催期間の縮小もあるようでございます。

また、年々減少傾向にあり、募金・協賛金も減少しているようでございます。

皆様に、今一度、開催の意味や意義を再確認していただければと存じます。

可能な限り継続して欲しいイベントでございますね。



神戸ルミナリエの如く、日本中の皆様一人ひとりに、笑顔とあたたかい光がともりますように・・・

そして、明くる年は日本中の皆様にとりまして、輝かしい未来へと続きます年となりますように、

お祈り申し上げております。合掌



      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~兵庫県 神戸市にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| 祈り | 13:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT