PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

兵庫県 淡路市「ステーキハウス源平」さんにて。




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。



お彼岸があけたのでエネルギーチャージをさせていただきました。


出張の帰路、ゆきちゃんの「淡路ビーフが食べたい」リクエストがありましたので、

岩屋のステーキハウス源平(Genpei)さんにお邪魔しました。

なんでも日本を代表するブランド牛の素牛のほとんどは、淡路の但馬牛である淡路和牛なんだそうです。



私、四代目もブランド牛のルーツを辿って食べてみたくなりました。

「百聞は一見にしかず」と言うことで淡路ビーフに興味深々で伺いました。



ステーキハウス源平(Genpei)さん
IMG_0880.jpg


最近では技術や流通の発展により、A5ランク(去勢雄牛)はそう珍しい食材でもなく、

比較的安価で容易に入手することができるようになりました。

A5(去勢雄等)は、今やどこの焼き肉チェーン店や食卓にも並ぶ私たち庶民の味として定着しつつございますね。


しかし、こちらではA5の中でも最高級といわれています「雌」の四歳以下の

未経産処女牛のみを提供されております♪



ステーキハウス源平(Genpei)さんは、

兵庫県は淡路市の淡路JACを降りて約5分の位置で営業しておられます。


淡路地鶏のマリネ
IMG_0887.jpg


まずは、サッパリとした一品です。

こちらのお店はパフォーマンス調理が売りのお店で、

これからはじまる演出を期待しつつ、非常にワクワクした時間です。


焼き野菜等
IMG_0888.jpg


内容は淡路産京野菜(にんじん・ししとう・やまいも・にんじん)

淡路たまねぎ・こんにゃく・豆腐(ステーキ)です。

♥こんにゃくはハート型です♡


「京野菜」ですが、全てが「淡路産」だそうです。

豆腐ステーキは自家製タルタルソースと、香ばしいガーリッククランチがトッピングされています。


「豆腐にタルタルソース」面白いですね!

四代目のお料理のレパートリーが増えそうですね(笑)


シェフのパフォーマンスもお見事で、会話も楽しく思わず口元が緩みます♪


野菜サラダ
IMG_0889.jpg


至ってシンプルな野菜サラダですが、全て淡路産の新鮮で美味しい食材でございました。

この後、登場するお肉が更に美味しくいただけそう♪


パフォーマンスシーン



いよいよお肉です。フィレとサーロインをいただきました。

写真撮影は許可していただいております。

更にシェフから「よろしければムービーもどうぞ!」

お言葉に甘えて、ムービーでございます。(笑)

最高級のA5淡路牛の説明に付きましては、動画のシェフの説明をお聞きください。


パフォーマンス・フランベ等・・・久しぶりに拝見しました♡


最近では、このようなパフォーマンスをするお店が減ってきていますね・・・

昔は、家族で良くこういうお店に行ったなぁと回想しておりました。



フィレはレアで、サーロインはミディアムレアでお願いしました。

処女牛は脂の融点が去勢牛や経産牛よりも低いそうです。

サシは人肌でも蕩けてしまいますので、

サーロインもあまり火を通さなくても非常に滑らかなんです♪

焼く前からサシと赤身の部分が一体化してピンクに近いお色です。


さっぱりとした処女牛特有の後味です。


お肉
IMG_0891.jpg


最初に焼いていただいた「フィレ」の部位でございます。


しっとりした感触・・・上品な旨み、滑らかな舌触りです。

お味は孔牛肉に近く、大変柔らかな肉質です。

去勢雄牛とは比べ物にならない上品な味わいです。


ソースは全て自家製のポン酢・にんにくしょうゆ・オニオンソースを好みで付けていただきます。

ちなみに、某大物人気歌手の方はオニオンソースが気に入られたようでオニオンソースを

お供にして赤ワインで楽しんでおられたそうでございますよ。

お肉の横には「炭塩」を添えていただきますが、これがまた美味しいんです。


7割はこの炭塩でいただきました。


※食べるのに夢中で、サーロインは撮り忘れていました。

サシの乳臭さが全くなく、赤みはしっとり・・・

霜降りが蕩けるという食感は普通ございますが、そうではなく赤身自体が蕩けるんですよ。


こちらもお味は孔牛に近く、大変柔らかな肉質で上品な味わいです。


ご飯
IMG_0892.jpg


ガーリックライス・クラムチャウダー・お漬物でございます。

一般的に、鉄板焼きなどのお店ですと汁の物がお味噌汁だったりしますが、

クラムチャウダーはとても合います。こういう細やかなこだわりは源平さんならではでございますね。

源平さんのガーリックライスはとても美味しかったです。

こちらも目の前で調理していただけます。

見事な演出でして、ついつい見とれてしまい撮影できませんでした。


店内から望む景色
IMG_1894.jpg


この日は、私共二人っきりでございましたので、大変静かな時間を過ごす事ができました。

オーシャンビューの店内からはからは、明石大橋・絵島(後述)・ルミナス神戸が望める

幻想的でロマンティックなロケーションです。

心穏やかに、ゆきちゃんと2人非常に楽しい時間を過ごす事が出来ました。


デザート
IMG_0895.jpg


最後はカシスシャーベットとコーヒーでした。


有名人のサイン①
IMG_0896.jpg


鉄板を背にした壁には・・・有名人のサインが飾られています。

藤井フミヤさん・湘南の風さん。

フミヤさん素敵ですね・・・

お人柄もよく、とても気さくで素敵な方だったと伺っております。


有名人のサイン②
IMG_0898.jpg


神戸が近いということもあって、オリックスバッファローズの選手の方が多くいらしているようです。

平井堅さん・デューク定家さんのサイン等もございました。


絵島
IMG_0901.jpg


ステーキハウス源平さんの店舗の直ぐ側、

向かって左側に見える「絵島」でございます。

「絵島(江島)」は神々がつくり出した最初の島(おのころ島)伝承地の一つとされています。

パワースポットの名称としても名高い神の島です。

高さ約20m程の小島ですが3500年前はこの何倍もの島だったそうですよ。


島の入り口には「千鳥なく江島の浦にすむを波にうつして見るこよいかな」

と西行法師の詠まれた歌が刻まれた歌碑があります。



こちらの「絵島」は「平家物語」の「月見の巻」にも登場する大変優美な島です。

古来からお月見の名所としても名高く、

清盛も島の美しさに魅了され、お気に入りスポットのひとつだったようです。



絵島の頂上には平清盛によって宝篋印塔(お墓)が祭られているそうです。

そこには、大輪田泊の整備の際、人柱になった

近従松王丸(讃岐香川領主 大井民部の息子)の御霊が祭られているそうです。

平清盛は絵島の美しさについて松王丸と良く語り合ったことを思い出し、

松王丸を失った悲しみと後悔から、彼との美しい思い出の地に心をこめて、17歳の心優しい少年

の御霊を弔ったと言う悲しく切ない伝説があるそうでございます。


明石海峡大橋
IMG_0902.jpg


いつも素通りでしかなかった明石海峡でございますが・・・

近くから見るとその大きさと、イルミネーションの美しさは別格でございますね。



源平さんでは淡路牛はもちろんのこと、魚介類のアラカルトも多数有り、

「今度は是非、瀬戸内海の魚介のアラカルトとお酒をどうぞ!」

とお勧めをいただきました。今度は、淡路近辺に宿泊してお邪魔したいと思います♪

処女牛は去勢牛と比較して、コレステロール値を下げる働きのある、

不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)が多く含まれています。

その上、去勢雄と比較して高たんぱく低カロリーで、

美容にも嬉しい食材なのだそうです。

これからは、食卓にも取り入れたいですね。

「淡路牛」という知識がまたひとつ増えました。

大変美味しゅうございました。



美味しい淡路牛・楽しいトーク・心地の良いサーヴィス、ロマン溢れるロケーション。

ステーキハウス 源平さん、ありがとうございました。

ご馳走様でした。




ステーキハウス 源平

0799-73-2941

兵庫県淡路市岩屋923-4


大きな地図で見る


      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~兵庫県 淡路市にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| ステーキ・焼肉 | 11:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT