PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京都府 右京区(嵐山)の鰻料理「廣川」さんにて。




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。



奇跡のベンチを視察後、そろそろ昼食にしようかと思案中・・・

美味しそうな鰻やさんが目に入ってきましたのでふらっと立ち寄ってみました。

京都・嵐山のミシュラン☆店「廣川」さんです。

「京都一美味しい鰻屋さん」と評判の老舗だそうでございます。


嵐山「廣川」さん
2013-10-13T14-43-14_2.jpg


嵐山情緒溢れる店構えで何とも趣がございます。

とても雰囲気のあるお店でございますね。

※弊社の新しい商用車のSUBARU「IMPREZA」と共に…詳細は後日。(笑)


メニュー
2013-10-13T14-43-14_3.jpg


この日は「天然鰻(時価)」の入荷がございました。

四代目は早速、オーダーを試みましたが、準備にかなり時間を要するようで・・・

(水槽の鰻を一から調理されるため)

本日は涙をのんで断念致しました。(笑)

次は必ず予約をしてから伺いますね。



廣川さんでは常に品質に特化されつつ、

こだわりを持ち続けていらっしゃるそうでございます。

そのため、決められた鰻池に甘んじることなく、

日本各地(信頼できる誠実な優良鰻池)

から高品質のうなぎのみを厳選して取り寄せていらしゃいます。

産地は変動的でございますが、

それゆえに常時、最高の素材をいただくことができるのでございますね。



京都に居ながら日本各地の美味しい鰻がいただける、

老舗ならではの粋な計らいでございますね。

何度も伺って食べ比べたりしてみるのも楽しいでしょうね。


店内
2013-10-13T14-43-14_4.jpg


私どもは窓側に面したお席に案内していただきました。

雪見障子からは手入れの行き届いた小さなお庭が望めます。

店内はとても清潔感がございます。

気持ちよくお食事ができそうですね。

店内には、とても華やかな生花が生けられてございます。

綺麗なお花を見ると心も華やぎますね。


きも焼き
2013-10-13T14-43-14_5.jpg


まずはきも焼きから。二人ともの好物です!

「セ ボ~ン!」

香ばしくそして柔らかく焼き上げられた肝は、

甘さ控えめで滋味深くなんとも上品な味わいです。

何串でも食べられそうな(食べたい)お味でございます。

今回は一人一串ずつでオーダー致しましたが、

多分、次回は二串、いや三串ずつ・・・

とてもお酒が欲しくなりますが車なのでグッと我慢です。

次回はタクシーで伺おうと強く心に決めた瞬間でございます。(笑)


上うな重
2013-10-13T14-43-15_8.jpg


さて、いよいような重が運ばれて参りました。

ダイエット中のゆきちゃんを尻目に、四代目は「上うな重」と赤だしをオーダー致しました。(笑)


アップ
2013-10-13T14-43-14_7.jpg



「ブラボー!」



江戸前のふっくら、しっとり鰻です。

優しい気持ちにさせてくれる・・・そんなお味でございます。

タレは埼玉にて江戸時代、天保年間創業以来注ぎ足しの

「廣川秘伝のタレ」だそうでございます。

柔らかく蒸しあがったふんわり触感と醤油の香ばしい香り・・・

非の打ち所がなく言葉を失います。

お箸が止まりません。(笑)



鰻は昔からのスタミナ不足の特効薬と言いますが、

廣川さんの鰻は、四代目もゆきちゃんも効果覿面でございました。

身体の芯からポカポカと、

新陳代謝の高まりを感じます・・・


このように美味しいと満足した鰻とのご対面は、

浜松の「八百徳本店」さん以来でございます。


うな重
2013-10-13T14-43-15_11.jpg


ただ今、美容強化月間(?)のゆきちゃんは、

「うな重」を「ご飯少なめ」でオーダーさせていただきました。

うなぎはビタミンAやビタミンBが豊富でございますので、

美肌効果やダイエットなど、美容にこだわる女性には嬉しい食材ですね。



汁椀はお吸い物をチョイス致しました。


お米は「丹後米」だそうでございます。

嫌な粘度が無くさらりとした炊き上がりでこちらの鰻と良く合っていますね。

お米一粒一粒から感じ取れる

しっかりとしたテクスチャーも楽しめました。


比較です
2013-10-13T14-43-15_12.jpg


「上うな重」と「うな重」の違いは「うなぎの量」だそうでございます。

余談ではございますが、江戸前の鰻の開き方(背開き)についての考察・・・


①鰻の腹には美味しい脂があるため、折角の脂の味を損ねないようにと言う説。

②関西は「商人の町」関東は「武士社会」江戸では切腹を連想させる「腹開き」は縁起が悪いと考えられた説。

③江戸の鰻は大振りだったため、腹開きにすると身崩れしやすく調理が困難だったと言う説。

など・・・様々な興味深い説があるようでございますね。



次回は「白焼き」を肴に…じっくり背開きを観察させていただきたいものです。(笑)

あれこれイマジネーションを働かせながらいただくのもまた楽しゅうございますね♪



廣川さんでは

「全てのものを大切にする。」

「鰻等の命を大切に扱いその他原材料全てを大切に扱って素材の良さを100%引き出し調理する。」

と言う理念のもとに営業されていらっしゃるそうでございます。



私たちが「鰻を美味しく食べ鰻がまたその人の命の源になっていく」



「全ての生命を尊い、全てのものを大切にする。」

当たり前のように聞こえますが、

とても奥深く容易なことではございません。

見習うべきところの多いお話しでございますね。

四代目も鰻からもらった生命の源を尊い、

精進しながら日々を大切に生きて行きたいと思っております。



この美しい京都・嵐山に相応しい・・・そんな素敵なお店でございました。

廣川さん、ご馳走様でございました。




大きな地図で見る


廣川

京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町44-1(天龍寺斜め向かい)

075-871-5226

http://www.unagi-hirokawa.jp




      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~京都市 右京区にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| | 11:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT