PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

H23年式~インプレッサ 1.5L i-s Rimited~ SUBARU Impreza gh2 其の①




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。



今日は車のお話でございます。

2年前、当店の商用車と致しまして「Hondaのシビックハイブリッド(CIVIC HYBRID)」を購入致しました。

しかしながら、発売開始当初の「Hondaのハイブリッド」は技術的にまだ早すぎたせいか、

バッテリーが弱く、「チャージをしてもアシストが続かない・・・」「非力すぎる1300cc」でございました。


チューンをしたくともデイーラーさんから「止められた方が良いのでは・・・」との苦言をいただきました。

そんなフラストレーションもあり、直ぐに「買い替えを検討する方向」にスイッチが入ってしまいました(笑)


Hondaのシビックハイブリッド(CIVIC HYBRID)DAA-FD3
CA3A00851.jpg


そんな最中、ディーラーさんから

「新車(初回の車検を受ける迄)は、購入してから3年未満でないと値がつかない」との忠告があり、

「一日も早く他の車に買い換えたい!」と言う、私の気持ちに拍車を掛けました(笑)

購入したものの、残念ながらあまり愛着も沸かずに2年あまりで手放す事に致しました。


しかし、手放したまでは良いのですが、何とも無計画な四代目でございました(泣)

その後に乗る車を何も考えておらず、約半年ほど商用車の無い生活を送っておりました。


希望する条件としては、商用としての機能を果たし、

「良く走り、操舵性に優れ、荷物が詰めて、税金面からも1500cc以下クラス」

なんともまぁ、欲張りな要望でございますね(笑)


検討に検討を重ね、辿り着いた当時の候補が・・・

「インプレッサ」「ジューク」「スイフト」「アテンザワゴン」の4車種でございます。

当時は「ノート」や「アクア」も発売開始間もないの頃でしたが、

やはりハイブリッドは見送りすることに致しました(苦笑)


ゆきちゃんは「日産の回し者ですか…?」

という位に「ジューク」を熱望しておりました。

彼女を説得(?)するのには、時間が掛かりましたが

「車高が高い割に、室内が狭い。」

ということでジュークは却下でございます(笑)



「スイフト」と「アテンザ」に関しては、ゆきちゃんが「エンブレムがダメね…」鶴の一声で却下。

したがって、今回は「インプレッサ」に決定致しました。(汗)

しかし、またもやここで問題が発生致しました。

なんと!運悪く(?)「モデルチェンジ期」と重なってしまったのでございます!



まともな感性でしたら、恐らく「新型♪」>「旧型」なのでございましょう。

ところが、私は「新型」を一目見せていただいた瞬間、「これは無いなぁ・・・」と思い、

「どうしても『モデルチェンジ前』の『新車』が欲しい!」

と意気揚々で担当の方に電話でお願い致しましたところ、

「生産終了しました・・・」との冷たいお返事・・・


結局「新車は無理でも程度の良い、未使用車に限りなく近いもの」

を条件に「モデルチェンジ前のインプレッサ」を探してもらうことに致しました。


~スバル 1.5 i-s Rimited インプレッサ~
SUBARU Impreza gh2 Front

impreza gh2


結果、購入致しましたのは「吉祥院スバルの試乗車」として使用されていた車でございます。

走行距離が3000km弱で、外観、内装は限りなく新品同様、とても綺麗な状態でございました♪


~スバル 1.5 i-s Rimited インプレッサ~
SUBARU Impreza gh2 Seat

seat.jpg


何よりも気に入っている点は、「1.5 i-s rimited」という「最上位特別仕様車」というところでございます。

シートにはセミバケット式で、生地にはアルカンターラを遣い固めで心地が良く、

長時間の運転においても疲れが出にくいような気が致します。


~スバル 1.5 i-s Rimited インプレッサ~
SUBARU Impreza gh2 Rear

impreza gh2 R


次に、外装に関して気に入っております点は、

スバル車で同時期の「Impreza WRX」と同様のパーツが使用されていることでございます。

(きっと、厳密に申しますと型番が違うのでしょうが・・・)


~スバル 1.5 i-s Rimited インプレッサ~
SUBARU Impreza gh2 ディスチャージヘッドランプ

20140908_035131405_iOS.jpg


特別仕様車ということもあって、ディスチャージヘッドランプが装着済でございます。

「HIDバルブ」を使用しますので、白熱バルブに比べて明るい上に、消費電力が低い為発熱量が抑えられます。

HIDはフィラメントを使わないので、長寿命でございますね♪


~スバル 1.5 i-s Rimited インプレッサ~
SUBARU Impreza gh2 パドルシフト付き本革巻きステアリングホイール

20140907_062023216_iOS.jpg


この特別仕様の中で最も気に入っているのがこれです。

パドルシフトとは、シフト操作をする変速インターフェースパーツです。

ステアリングから手を離さずに「ギアチェンジ」が可能なパーツですので、

下り道や高速域からの加減速等にとても有効なパーツでございます♪




さて、驚くべき点は、こちらの価格でございます。



「えっ!?それ、お安くないですかΣ(*゚д゚*)ビックリ…!!!」



「年式落ち」と「試乗車」だと言う2点を差し引いたとしても、

かなりビックリ!ありがたいことに、サプライズ価格でございました。

当然、値切ることなど考えもしません・・・

即決致しますと、スバルさんが無償でバッテリーを新品にしてくれたり、至れり尽くせりのご対応♪


~スバル 1.5 i-s Rimited インプレッサ~
SUBARU Impreza gh2 cup holder

cup holder


はじめに、試乗したその日に気に入らないと思いました「カップホルダー」は、

改造されている方の車を参考に「レガシー(Legacy)のカップホルダー」に置換して納車してもうらようにお願い致しました。


ただ、一か所難点がございまして置き換えたものの固定はできず、「置いている」だけの状態でございます。

やはり「レガシー」とはネジ穴が異なる為、はまりはするが固定できない状況でございますが、

幸い、納車後1年と10ヶ月が経過しますが

「外れて大参事!」

という事態に陥ったことは、一度としてございません。

※注:ご参考になさる方は、くれぐれも自己責任でお願い致します。



さて、この「GHインプレッサ」。

実際に移動する道であちこち乗ってみて、またまたビックリしました。


「曲がります しかも半端なく」


どちらかと言えば「しなやかに曲がる」感じでございます。

(後々にこの「しなやかさ」を抑えるチューンに発展していく訳でございますが・・・)



私にとって、この「インプレッサ」が初めて購入するスバル車ですが、

これは・・・手を加えると

「とんでもなく化けそう・・・♡」


そんな匂いがただよう車だと直感致しました。

手にしたその日から、四代目の「終わることの無いチューン生活」が続くのでございました。(笑)

続きはまた別の機会にお話致しましょう。



      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~京都府 宇治市にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| | 10:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT