PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京都市 東山区 祇園町「ぎおん萬常」さんにて「老舗のほっこり和食」。




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。


先日、ゆきちゃんと祇園方面に遊びに行く途中、

「まだ少し早いので何か軽く食べよう!」ということになりました。

調度、近くに昔から気になっていたお店がございましたので入ってみることに致しました。


ぎおん萬常外観
萬常外観


八坂神社の向かい側、東山四条を少し下がったところの「ぎおん萬常」さん、

とってもアットホームな小料理屋さんでございます。

「創業140年」の歴史を持つ祇園の老舗でございます。


お刺身盛り合わせ
お刺身盛り合せ


取合えず、四代目は「ビール」、ゆきちゃんは「青谷(城陽)の梅酒のソーダ割り」でございます。


まずは「お刺身の盛り合わせ」をいただきました。

「鯛の昆布〆、いか、鰤、まぐろ、かつお」

お刺身の鮮度も良く美味しいお刺身でございました。

中でも鯛の昆布〆が特に気に入りました。

まだ宵の口・・・一軒目からお酒が進んで仕方ございません(笑)


天ぷら盛り合わせ
天ぷら盛り合せ


ここで「ぐじの塩焼き」が食べたかったのですが・・・残念!売り切れでございました(泣)


それじゃあと、2人ともの好物「天ぷらの盛り合せ」をいただきました。

海老、イカ、ナス、ピーマンや海苔、しし唐、何故か「バナナ」まで(笑)

大きな海老が3尾でかなりのボリュームに驚きました!

熱々で衣もサックリ!美味しい天ぷらでございました。


出汁巻き(小)
出汁巻き


「出し巻き」はゆきちゃんの好物でございます。

何と!これでサイズが「小」でございます。

写真では分かりにくいかと存じますが、かなり大きめでございますよ。

お出汁がたっぷり、ふんわり!

温かな気持ちになる、京都の家庭のお味でございます。


牡蠣フライ
牡蠣フライ


四代目の好物「牡蠣フライ」をいただきました。

「たんとありますよ!」女将さんのお言葉通り・・・

かなりのサービス満点盛りでビックリ致しました。


出来立て熱々、何よりのご馳走でございますね!

こちらも衣がサクサクでございます。

茄子やピーマン、しし唐のフライも添えられておりました。


寄せ鍋
寄せ鍋


〆に「寄せ鍋」と「ハイボール」をいただきました。

牡蠣や海老、鯛に鰤に鶏肉など・・・とても具沢山!

ゆきちゃんは、海鮮とか、こういうのが苦手ですが・・・

しかし、四代目はかなりのお気に入りでございます。

お出汁が美味しく、ほとんど一人でいただきました。

お鍋のそこが見え出したころ、

大将さんが「あったまらはりましたやろ?ほな、ごはん食べはりますやろ?」

と聞いてくださいました。

しかし、ゆきちゃんと2人、お腹がいっぱいになり…残念ながらこちらで終了でございます。


祇園町南側
祇園町並み


『京都の人は「いけず(意地悪)」やなぁ~』他府県の方からは思われ勝ちでございますね(笑)

いえいえ、そんなことはございませんよ。

大将も女将さん、お店のお姉さんのみならず、

常連さんまでも温かで、とってもアットホームなお店でございました。


まるで内側から滲み出るような温かさや「人をもてなす心」。

歴史や経験を積まない限りは自然には行えないものでございますね。

新しいお店とは比べ物にならない、ひと味もふた味も違った価値がございます。


祇園の街や歴史有るお店など、訪問するごとに京都の習慣や伝統など・・・

大切なことをひとつひとつ学ぶことができます。

最近は四代目の「学び舎」としての位置付けとなっております。



「萬常」さん、この度は温かなサービスと美味しいお料理、ご馳走様でした。

次回こそ「ぐじの塩焼き」をいただきに、お邪魔させていただきますね。



      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~京都市 東山区にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| 和食 | 11:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT