PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京都府庁前 チャイナバル「京都中華ハマムラ」さんにて。~『広東麺』元祖ハマムラの味~




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。



京都の庶民派中華料理店の代表と言えば、「ハマムラ」さんでございますね。

創業大正13年、京都で最も歴史在る中華料理店でございます。


四代目も学生時代には、随分とお世話になった思い出がございます。

昨年の春「河原町三条のハマムラ」さんが閉店された際は、とても衝撃的でございましたね。


ハマムラ 外観
外観


そんなさなか、西陣界隈にはかなりの土地勘があるゆきちゃんから、

「府庁前の、前本屋さんだった場所にハマムラが移転してきはるよ♪」

との報告を受けたのが、確か昨年の夏頃の事だったかと・・・


お店の改装中に前を通る度、今や遅しとオープンを待ちわびておりました(笑)


ハマムラ 蜜叉焼
ハマムラ焼豚


念願叶って、2014年9月にオープンされた「京都中華ハマムラ」さん。

河原町三条店のお味は、そのまま「チャイナバル」にリニューアルされ、

こちら丸太町に移転してこられました。

私共の他にも、ハマムラさんの再開を心待ちにされていた京都市民の方々は、

たくさんいらっしゃるのかとお察し致します☆


ハマムラ サンプルメニュー
メニューサンプル1


こちらは、スーパーなどで出店されている「ハマムラ」とは

一味違う、元祖の「京都中華ハマムラ」さんでございます。

あっさりといただき易い中華料理は「京都人のソウルフード」でもございますね。

この日は丁度、ハマムラさんの近くのお店でディナーをいただいたので、

ちょっとだけ寄ってみることに致しました♪

ようやく懐かしの味に再開できそうでございますね☆


ハマムラ 店内
はまむら店内


お店の天井には「天台宗 青蓮院門跡の襖絵」を手がけていらっしゃる

「KI-YAN」こと木村英輝画伯の作品が描かれておりました。

調度品なども、まだ、真新しく気持ちが良いですね♪


ハマムラ メニュー等
メニュー


前菜から、デザートまでフードメニューは50種類以上ございます。

ドリンクメニューは、昔よりも充実しております。

メニューに掲載されていないお酒類(シャンパンやカヴァ~幻の大吟醸まで)

置いていらっしゃるそうでございますよ

夜には中華タパスをアテに、バル使いにも良さそうでございますね!

ただ、閉店時間が21時30分・・・

もっと、遅くまで開いていると良いのですが・・・(独り言)


ビール
ビール


「お酒もしっかり飲めるチャイナバル」がセールスポイントでございますので、

何はともあれ、ビールを頼まない訳にはまいりません

「京都最安値!」との事で、キリン一番絞りが280円でございますよ♪ 


揚洲雲呑(雲呑麺)
わんたんめん


閉店時間ギリギリに入ったので、

ゆきちゃんは「揚洲雲呑」@800円でございます。

基本のチャーシュー麺に、ワンタンがトッピングされております。

ハマムラならではの、京風あっさり味中華そばでございます。

ディナーをお腹いっぱいに食べた直後なのですが・・・ゆきちゃん、何なく完食でございます(笑)


広東麺
広東麺


四代目は「広東麺」@850円でございます。

これが食べたかったんですよ!

ベースは同じですが、具沢山の野菜あんがトッピングされております。

しかし・・・四代目、ディナー直後でお腹に余裕がなく、ちょっと残してしまいました(泣)

昔ながらの庶民派のお味☆

お腹に余裕があれば、とても美味しかったのでしょうね。


幻に終わった「焼売」(笑)
しゅうまい2


一方、ハマムラさんと言えば、創業以来のお店自慢のメニュー「焼売」でございますね☆

注文はしたのですが・・・残念ながら、今回は幻に終わってしまいました(笑)
(実は、お店の方が忘れていらっしゃったのです☆)


「いや~ごめんねえ、シュウマイを楽しみに来てくれはったのに、ホンマにかんにんえ~」

と、女将さんから丁重に謝罪のお言葉をいただきましたよ☆

京都弁のやわらかい感じ・・・逆に、心温まりましたよ(笑)

アットホームな雰囲気で、今後が楽しみなお店でございます。

「幻の焼売」は次回の楽しみに致しますね♪

ご馳走さまでございました。


このほか、ランチタイム(11時30分~14時)は、

「お待たせしない1品勝負のランチ@900円」のみの提供で営業されているそうでございます。

◎献立(ランチの内容)◎
『主菜(メイン料理)』『3種のお任せ副菜』『お任せスープ』『ご飯(おかわりOK、滋賀県産コシヒカリ)』

◎この月のメイン料理(曜日毎に変更)◎
『酢豚』『海老チリ』『五目あんかけそば』『広東麺&焼飯』『牛肉ももステーキ香味ソース』
※メインは各曜日毎に変るようでございます

宜しければ、食べ歩きの際のご参考になさってくださいね ( ˆᴗˆ )

↓詳細はお店にお問い合わせください☆



京都中華 ハマムラ

075-221-4072

京都市中京区丸太町通り釜座東入ル梅屋町175-2

http://hamamura.kyoto.jp/new/index.html




140周年

      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~京都市 中京区にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| 中華料理 | 09:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT