PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

水炊きin福岡「博多名代水たき 長野」さんにて~地元で大人気「博多っ子のベスト5」~




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。



出張一日目の仕事も無事に終わり、ホット一安心でございます。

ホテルで、翌日の資料の確認をしていると、

「社長、そろそろ切り上げて、今夜は羽を伸ばしてくださいね♪」

と言う、秘書からの天使の囁きがありました


お楽しみのディナータイムでございます。


水たき長野 外観①
長野外観


さて、今回の出張先での、私四代目の「食の目的」のひとつが、

博多名物の「鶏の水炊き」でございます。


福岡で人気の水たき店
外観2


そして、「博多で水炊き」と云えば「長野」さん。

こちらは、ゆきちゃんのパーソナルトレーナーさんに、ご紹介いただいたお店で、

予約必須の人気レストランでございます。

博多ではその名を知らない人は居ないというほど、有名なお店だそうでございますよ。


エントランス
エントランス


繁忙期は、予約が中々とれない事もあるそうでございますが、

今回は、秘書が早めに予約を入れてくれておりましたので、スムーズに入店することができました♪

いつも、予約ありがとう


店内
店内


水たき長野さんは、創業80年余。博多では中々、歴史のあるお店でございます。

私共は、入り口付近のお席でございましたが、次から次からお客さんが入り、

博多っこの間では、本当に愛されているお店なんだなぁ、とつくづく感心致しました。


お献立
R0016729.jpg


メニューは至ってシンプル&リーズナブルな価格設定ございますね。

「水たき(骨付き肉)」と「スープ炊き(ミンチ)」がございます。

今回は、事前に「骨付き肉&ミンチ」のミックスで予約しております。


福岡工場限定醸造
R0016723.jpg


とりあえず、ビールをと・・・

「アサヒ」をオーダーしようと思いきや、

この福岡工場限定「キリン一番絞り 福岡づくり」の張り紙を発見@@

これは、頼まない訳には参りませんね!


キリンビール 九州限定 一番搾り
R0016728.jpg


四代目、普段ビールは「デュベルかプレモル派」です。

従って、特に「一番搾り」に詳しい訳ではございませんが、

色自体が、スタンダードで販売されている「キリン一番搾り」より少し濃い感じがしました。


かなり好みのお味でございますね♪このビール、中々いいじゃないですか!

しかも、数量限定との事・・・

よし(๑˃̵ᴗ˂̵)و これはたくさん飲むしかございません (*`ε´*)ノシ.


突出し「酢もつ」
突き出し


まずは、突出しの「酢鶏もつ」でございます。

さっぱりとした酸味で口当たりが良いですね。

コリコリとした歯ごたえも心地よく、食前にはピッタリでございます。

臭みのない美味しい鶏もつでございました。


酢醤油
酢醤油


水炊きは、好みに応じて「酢醤油」でいただきます。

こちらでいただくと、大変清涼感のあるお味になりますね!

「ポン酢」だと「柑橘系の香り」が、折角の風味を消してしまいますが、

「酢醤油」だと、本来の甘みと香りが楽しめますね☆

「ポン酢」が苦手なゆきちゃんは、「酢醤油」が気に入った様子でございます。


初期設定「骨付き肉入り」
IMG_4133.jpg


お鍋の方は、最初から最後までお店の方にお任せでございます。

テーブル着席時は、初期設定の「骨付き肉入り」でございます。


鶏肉は博多ブランドの「華味鶏」でございます。

「魅惑の白濁色」いつも何度見てもテンションが上がりますね(笑)


薬味「ネギ&紅葉おろし」
薬味


薬味は「ネギ&紅葉おろし」でございます。

これだけで、お酒のアテにもなりますね


1番スープ「デフォルト+ネギ」
R0016735.jpg


それでは、スープお味見致しましょう☆

Delicious!!!期待通りヾ(*´∀`)ノ☆ ヒャッホゥ♪

私、四代目は終始これだけで良い位でございます。


この一杯・・・五臓六腑に染み渡ります♪


一方、予断ではございますが、以前お伺いしました、京都の「博多 華味鳥」さんは、

「コラーゲンボール+α」を投入されておりますので、

不自然な雑味があり、食中食後、尋常では無いほど、口の周りがベタベタ致しました。

それに比べ、長野さんのスープは「添加物無し」でございます。

深いながらも澄んだお味でございます。

もちろん、京都の華味鶏とは比べ物にならない位に美味しいです♪


唐揚げ
IMG_4136.jpg


ところで、「博多と言えば、もしかして唐揚げ・・・?」

淡い記憶がございましたので、別途でオーダーしてみました。

名古屋の「手羽先」の時もそうでしたが、

こう言ったスタイルの唐揚げ(骨付き)に不慣れなためか、

上手に食べる事ができません・・・

お肉が美味しい分、ちょっとフラストレーションでございました(笑)


ミンチ・レバー・砂肝?
つくね


四代目は、テンションが上がり過ぎてしまい、

終にビール3本、スープを3杯目に突入でございます(笑)

まだまだ、味わいたいところではございますが、

そろそろ、次の段階(ミンチ入り)へと進まなければなりません。


そこで、女将さんがお箸を器用に使ってスープの中に投入。

家庭では、どうしてもこの過程では「スプーン」を使ってしまいがちですね。

しかし、スプーンだと、くっついて離れ難くなるので×だそうですよ。(女将談)

とても勉強になりました m(_ _ )m


スープ味変一段階目「肝&ミンチ入り」
つくね入り


ミンチの煮え上がり具合も、女将さん任せで安心でございます。

「どうぞ♪」女将からのOKが出ますと、ミンチの出来上がりでございます。

ふんわりとした食感で、旨みがぎっしりと詰まっておりますね☆


そして、スープのお味の変化は・・・ミンチ&肝を入れると、スープにコクと深みが出ますが、

鶏の脂分が増える分、後に残る感じでございます。

ゆきちゃんは\(゜∀゜)/ でございましたので、

これは、人夫々。好みの問題でございすね。


スープ味変二段階目「野菜入り」
鍋


続いて、野菜等を投入していただきました。

お野菜の水分で、さっぱりとした口当たりになります。

香りと甘みも加わり、お味に複雑さが増しますね。

女性の方はこの位の感じが、お好きかもしれませんね☆

こちらも好みの問題ですが、四代目は「初期設定時のスープ」が一番美味しく感じました。


この後、〆に「おじや」をオーダーされるお客さんがほとんどでございましたが、

ゆきちゃんが、「おじや」・・・あまり得意な方ではないため、今回は見送る事に致しました。


博多っ子に大人気
IMG_4153.jpg


食後の感想は、やはり

「博多流の水炊きは博多で食べるべし!」でございました☆

同じ水炊きでも「京都の水炊き」とはまた違った特徴と美味しさがございますね♪



鍋好きの四代目、このブログを書きながらも、

水炊きを食べたさに、既に次の博多行きを目論んでおります(笑)


また、お邪魔させていただきますね。

ご馳走様でございました。



水たき 長野

福岡県福岡市博多区対馬小路1-6

092-281-0105





140周年

      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~九州よりお墓の引越し(改葬)ならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| 和食 | 09:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT