PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京都市 左京区「中華そば 高安」さんにて。




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。



京都市左京区の、「中華そば 高安」さんに行って参りました。

京都では、とても有名なラーメン屋さんでございますね。

久々に行ったのですが、場所が変わっていました。


外観
高安 外観by石末 辻本石材店 四代目


いわゆる、ラーメン銀座通り(表)に引っ越されたようでございます。

以前とは、ぜんぜん違う。立派な店構えになっていました。


メニュー
高安 メニューby石末 辻本石材店 四代目


メニューです。

曖昧な記憶ですが、メニューは変わってないと思います。


店内
20091012133044e63_20140901160207f7d.jpg


店内にはBGMが流れています。BOSE製のスピーカーでビックリ!

少し音量が大きい為、店内のお客さんの会話の音量も大きくなっていました。

壁には液晶TVが設置され、映画が写っています。各所に結構なお金が掛かってます。

とても、ラーメン屋さんとは思えない、モダンな創りです。


にらゴマ
高安 にらごまby石末 辻本石材店 四代目


無料トッピングのにらゴマです。

写真はたくさん入ったものですが、着席時は空に近い状態でした。


店員さんに、おかわり?をお願いしたのですが・・・


私達のテーブルから、にらゴマの器を下げると同時に、隣テーブルの器も下げました。

そのまま、半分づつに分けて「どうぞ」等の一言も無しにバンッ!

と、テーブルの上に置かれました。私達が食べて無くなったんじゃないのに・・・。

まぁ、所詮「ラーメン屋」と割り切れば納得もいくような気がしますね。

雇われの人って、ここまで大きくしてきた経営者の心まで考えたことが無いのでしょうね。


唐揚げ
高安 唐揚げby石末 辻本石材店 四代目


ここのから揚げは、カレー味なんです。

しかし味付けや、大きさなど以前に比べて『雑』になった気がします。


らーめん
高安 ラーメンby石末 辻本石材店 四代目


久しぶりの御対面です。

味が変わったような??気のせいでしょうか・・・



高安 麺by石末 辻本石材店 四代目


麺は変わらない気がしますが、スープに調和していない気がしました。



店が移転になってから、以前の店主さんは厨房なのか?

見かけませんでした。

作っている方が変わったのかも知れません。

店員さんはインカムを付けて、注文をとるスタイルですが・・・

果たしてこの規模で必要でしょうか。

妙に店員さんが、ピリピリされているのも気になりました。



以前のお店は、お世辞にも「綺麗なお店」といえるような店構えではありませんでしたが、

厨房から「客席全てを見える」ように作られていて、細やかな気遣いなど

店主の『おもてなしの心』が感じられました。

座席数も少ない為に、店の外には長い行列が出来ていました。

店主自らが行列のところにも来て、深々と頭を下げておられたのが凄く印象に残っています。

この頃のお店は、並んででも食べたい!と思わせるような、おいしいラーメンでした。

それだけに、今回は何か寂しい、残念・・・そんな感じがしました。



店構えは立派になったが、以前より味は落ちていると思います。(気分も加味されています)

食事は、五感で感じるものです。

業務的な応対等、あまり納得のいく内容ではありませんでした。



HP(グルメウォーカー) http://gourmet.walkerplus.com/170260227001/



大きな地図で見る



やはり、どんな商売でも自分の目の行き届かない程、

規模を拡大しない方が良いですね。

私も、今の仕事を始めてから、


あれもしたい。

これもしたい。


と、あれこれ試みましたが、うまくいかないことが多かったです。


『おもてなしの心を失って業務的になる』ことは良くないですね。


134年の老舗の四代目として、そのことを改めて痛感した一日でした。




今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・




~京都市 北区にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com




| ラーメン | 00:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT