PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『生粋の京都人が認めると話題のカジュアルフレンチ』【御所南のFrench Cuisine Tiare(フレンチキュイジーヌティアレ)】さんで、私共が大好きなクラシカルフレンチをいただきました♪6年ぶりの訪問です。




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。


本日は、御所南のフレンチ「キュイジーヌ ティアレ」さんをご紹介致します。


Rossini
ティアレアンガス牛のロッシーニ


ゆきちゃんのリクエストに応えて、約6年ぶりの訪問でございます。

肩肘張らずにとても美味しいクラシカルフレンチが楽しめます。


French Cuisine Tiare(ティアレ)外観
ティアレ外観


お店の名前は「Tiare(ティアレ)」

タヒチの言葉でお花を意味するそうでございます。

場所は麩屋町の押小路を上がったところのマンションの1Fでございます。


ティアレ店内
ティアレ店内1


コンセプトは『フランス料理を楽園へ遊する感覚で・・・』とのことでございます。

正に、南国のリゾート地のレストランでお食事しているような、あたたかな雰囲気でございますね。


画像にはございませんが、チャーミングな装飾備品はマダムのセレクトでございましょうか?

ちょっとした遊び心に、レディは乙女心を擽られるようでございますよ。


セッティング
ティアレテーブル


さて、~『生粋の京都人が認める料理』~として名高いクラシカルフレンチ☆

アットホームでありながらも、上品さを保っていらっしゃいます。


CHABLIS 2014
ティアレシャブリ1


いつもながら、ワインは、レディの好みでシャブリをセレクトさせていただきました。


ティアレ メニュー
ティアレメニュー


今回は、「シェフスペシャルディナー」をお願い致しました。


ティアレ乾杯


それでは、「6年ぶりの再訪を祝して」乾杯でございます。


Amuse
ティアレズワイかに


まずは、アミューズでございます。

「ズワイガニのフラン」でございます。

ティアレさんのスペシャリテの一つだそうでございます。

生クリームと卵、コンソメで茶碗蒸し風に仕上げた、温かなお料理でございます。

濃厚なソースは嫌味が無く、ふんわりとした口解けで幸せな気分になりますね。

甲殻類の香りが大好きな四代目、一方、苦手なゆきちゃん・・・

二人の好みは相反するのですが、両者共に大満足できるのが不思議ですね。


Entree
ティアレオードブル


続いてオードブルでございます。

「サーモンのムース、スモークしたマグロと野菜のジュレ」でございます。

トッピングの黒い粒は「にしんの卵」、

白い網状のものは「世界一細いパスタ」だそうでございますよ。

ソースは「コンコンブル(きゅうり)ソース」でございます。

「夏が来たんだな♪」と実感できますね。


Soupe
ティアレソラマメポタージュ


スープは「空豆と松の実の冷製ポタージュ」でございます。

空豆と松の実との組み合わせ、身体の中に元気が入ってきそうですね☆

上品で清涼感のある旨み、優しくほっこりとしたお味に癒されます。


ティアレシェフ特製ライ麦パン


こちらのパンは橋本シェフオリジナルの「ライ麦パン」でございます。

外がやや厚めで、クリスピーでとても美味しい♪

中はしっとり&モチモチ、外側との食感の違いのバランスが絶妙でございます。

お肉のソースと良く合います。


Poisson
ティアレPoisson


お魚のお料理は「ひめじのポアレ、ソースサフラン」でございます。

「ひめじ」と言うお魚は日本ではあまり馴染みのないお魚ですが、

フレンチでは定番のお魚だそうでございます。

やや弾力があり、ほろりと解けるような口当たりで、とてもいただきやすいお魚です。


単純な香ばしさだけではなく、皮にはほのかに感じる独特の風味があり、

サフランソースとマッチして美味しいですね♪

ホタテのコキールも優しいお味で、ポアレとのバランスがブラボー!ですね。


Viandes
ティアレヴィアンドゥ


メインは「フォアグラとアンガスフィレ肉のロッシーニ風」でございます。

クラシカルフレンチの王道メニュー、ロッシーニ風のステーキ。

いただけるお店がだんだん少なくなってまいりましたね。


アンガス牛。

赤身のお肉は、今の流行でございますね。

フォアグラとの相対的な関係が面白いのですが、

ソースで一つにまとまっていて美味しいですね。

シェフは、オーケストラをまとめるマエストロのようですね。


色々なお店で素材の組み合わせや、微妙なお味の違いを食べ比べて、

お気に入りの「ロッシーニ」を探すのも楽しいですよ☆


Fromage
ティアレチーズ1


食後は、チーズ若しくはデザートでございます。


Dessert
ティアレデザート


ゆきちゃんは、デザートをセレクトさせていただきました。

アップリコットのタルト、シェフ特製ヨーグルトのティラミスなど・・・


他店の「ティラミス」は、舌に残る感覚と尖ったリキュールの香りが苦手だというレディですが、

橋本シェフのティラミスは、滑らか&爽やかな風味だそうで喜んでいただいておりました。


ティアレチーズ&ワイン


一方、四代目はチーズでございます。

木の葉型のトレーのチーズは、シェフのオリジナルチーズでございます。


Pinot Noir
ティアレ赤ワイン


食後にはチーズに合わせて赤をグラスでを少々…

魅力をパワーアップされたマダムお勧めの「Pinot Noir」でございます。


ティアレハーブティ


レディは、お店のオリジナルハーブティでございます。

丸い氷の中には花びらが♡

ピーチフレイバーの「アガベシロップ」がいたくお気に入りのご様子で、

マダムに熱心に聞いておりました。


Gioachino Antonio Rossini
Rossini.jpg
※「ロッシーニ」美食への拘りは、貧しかった幼少時代の反動という説も…?!


さて、音楽の分野でも、クラシックとポピュラーを同じ土俵で比較すること自体がナンセンスでございますよね。

お料理も同じで、人それぞれ育った環境などで好みが違うのは当然でございます。

「クラシック」を退屈と感じる方には、無理にお勧め致しませんが、

このようなジャンルもあるのだとお分かりいただければ幸いでございます。


盛り付けなどの斬新さや、エンターテイメント性を求めるときは「モダンフレンチ」

お味や歴史的な背景を楽しみたいときは「クラシカル」


気分に合わせて使い分けると楽しいですよ♪

シェフの真心のこもった美味しいフレンチ、大変美味しゅうございました!



この度も、ご馳走様でございました。



French Cuisine Tiare(フレンチキュイジーヌティアレ)

075-253-4733

京都府京都市中京区橘町(押小路通) 中京区麩屋町押小路上ル




      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~京都市 中京区にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com





| フレンチ | 09:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT