PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

滋賀県 大津市 石山で、厄除けで有名な「立木山 安養寺」の立木観音様にお礼参りして参りました。




ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。


昨年末に、氏神様の宮司さんに自宅にお越しいただき、

神棚等々を調べていただきました。

祖父から「この神棚は決して開けちゃいけないよ。」

と言われており、父でさえ開けたことの無い、神棚を開けていただくと・・・

お社から大量のお札さんが出て参りました。


「気持ちは分かるけど、正式なお祭りの仕方では無いので、

お受けしたお札をとりあえず、各社にお返ししてください。」

という流れで、2016年四代目の御札納めの旅が始まりました。(笑)


立木観音 参道入り口
立木観音-参道


先ずは、近い所から・・・と思い、宇治からですと天ケ瀬ラインで約30分に位置する、

「立木観音」様へ行って参りました。


石段 八百余段
立木観音-参道2


800段かぁ。直ぐ登れそうやなぁ

と、思っておりましたがこれが大間違いでございました。

しかも、何を思ったのか・・・御札を納めることで頭が一杯だったのでしょう。

革靴(ローファー)で来てしまいました


残り五丁
立木観音-参道3


最初は、どういう意味か分かりませんでしたが、

登るに連れてその意味が分かりました。

この後、四丁・三丁・二丁・一丁と続き、本堂に辿り着きます。


参道を登りながら、祖父は一体どんな思いで、こちらへお参りしたのでしょう。

そして、まだまだ納めなければいけない、各社のことを考えながら登山は続きます。


立木観音 山門
立木観音-山門


流石に、ここまで辿り着くまでに2回は休憩致しました。


立木観音-御札納所・観音堂
立木観音-御札納所・観音堂


手水場で身と心を清め、先ずは御札納所に御札を納めてから、

何十年間も御札をお納めをしていなかったことに対し、

観音様にお詫び申し上げました。


立木観音 参道より望む瀬田川
立木観音-参道4


お伺いしたのは、7/18でございます。18日は観音様の日ということもあり、

参拝者の方は大変多かったです。

こちらへ、お参りされる予定の方は運動靴等がお勧めです。

往来ですれ違う方で革靴の方はいらっしゃいませんでした


さて、これで全てのお札さんを納めるところは残り9箇所でございます。

さぼっていたわけでも、忘れていたわけでも無いのですが、もう7月

もっと、早くスタートすれば良かったな・・・

と若干焦り気味の四代目でございました。



今日はこの辺りで。



立木山 安養寺(立木観音様)

滋賀県大津市石山南郷町奥山12310594-45-1041

077-537-0008






      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~京都市 中京区にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com



| 神社仏閣 | 09:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT