PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京都の『たぬき』と『ハイカラ』とは。~四条縄手の『ぎをんそば処小梅』さんにて。~





ようこそのお運びで、厚く御礼申し上げます。

京都府 宇治市の、石末 辻本石材店 四代目 辻本 登志海でございます。


ちょっと肌寒さを感じるようになり、だんだんと温かいものが恋しくなってまいりました。


『たぬき』と『ハイカラ』
祇園小梅たぬきうどんどハイカラそば


ところで・・・

『たぬきうどん(そば)』の概念は、地方によって異なるそうですね。


こちらは京都の『ハイカラそば』です。
祇園小梅ハイカラそば2


東京ではこちらが『たぬき)』だそうですね。

しかし、京都では『ハイカラそば(うどん)』と呼びます。


揚げ玉入り=『ハイカラ』
祇園小梅ハイカラそば


一説によりますと・・・


『天ぷらにタネが入っていない』=『えらいお粗末(変な)←本音』

それを、京都流の処世術では、『ハイカラなおうどんでよろしおすなぁ~』

と、皮肉って表現いたします。

そんなわけで、『ハイカラうどん(そば)』と呼ばれるようになったとか?


その他にも色々な説があり、どれが真実なのかは、定かではございません。


京都の『たぬきうどん』
祇園小梅たぬきうどん1


一方、こちらが『たぬきうどん』

京都では、『きつねうどん(そば)のあんかけ』=『たぬきうどん(そば)』と呼びます。

中でも『きざみのあんかけ』が一般的な『たぬき』でございます。


きつねにあんかけ=『たぬき』
祇園小梅たぬきうどん2


祖母の話によりますと・・・

「通常のお出汁」と比べると、「あんのかかったお出汁」は、

いくら熱くても湯気があがらない・・・

一見、『きつねうどん』のように見えますので、

「湯気があがってないから、きっと、そんな熱くないのだろうなぁー。」

と・・・油断してしまいます。


しかし、一口いただいてみるとビックリ!

「あんのかかったお出汁」は、火傷してしまうほどの熱さでございます。

まるで、タヌキに化かされたかのような気分になるからだとか・・・?

こちらも真実は定かではございませんが、色々調べてみると面白いですね。

ちなみに、大阪の友人は『きつねそば』のことを『たぬき』と呼んでおりました。



皆様がお住いの地域ではいかがでしょうか?

様々な土地で実際に食べ比べて検証してみるのも楽しそうですね。

この度も、ご馳走様でございました。



そば処 小梅

京都府京都市東山区縄手通四条上ル タップビル 1F

075-525-2347





      にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



今日はこの辺りで・・・

御閲覧ありがとうございました。



~京都市 中京区にて造園・石材工事・墓石の建立・お墓のリフォームならお任せ下さい~

石末 辻本石材店 四代目代表 辻本登志海

http://ishisue.com





| うどん・そば | 07:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。